マイタックのインデックス印刷!エクセルデータを使った簡単な方法

ニチバンのマイタックでインデックスにエクセルデータを使って印刷する方法とは

マイタックでインデックス印刷を行う場合には通常はラベルメイトと言う専用のアプリを使用することで簡単に印刷を行うことができます。

このアプリでは様々な入力を行うことで簡単にラベルのデザインを行うことができる仕組みとなっているため、基本的にはアプリ上でデータを入力することが非常に便利な方法となっていますが、様々なデータの管理として行う際にはエクセルデータを使用する方が便利な場合もあります。

ラベルメイトを使用する際にはエクセルデータと連携をすることができませんが、エクセルデータにはエクスポート機能があり、この機能を利用することでラベルメイトにデータを移行することができるので比較的簡単にデータを移行することができるようになっています。

通常のエクセルデータの形式では使用することができませんが、タブ区切りでテキストデータでデータを出力することができる機能があり、この形式で利用することができるようになっています。

スポンサー リンク

マイタックでインデックス印刷ができないときはこれが原因

マイタックでインデックス印刷ができない場合にはデータ形式の不整合が原因になっていることが少なくありません。

基本的にマイタックで使用するアプリは独自のデータ形式を持っており、他の編集ソフトなどで作成されたデータをそのまま利用しようとすると形式が一致しないため正常に読み取ることができず文字化けを起こしたり、印字がされないと言うことも多いのです。

これを修正するためにはデータの形式が一致していることを確認する必要があります。

アプリを開いてデータの画面を確認し正常にデータが認識されているかをチェックするとともに、必要に応じて入力をし直さなければならない点も発生する恐れがあるため、他のアプリのデータを流用する場合には充分に注意をしなければなりません。

またアプリとパソコンの環境についても十分に確認をする必要があり、動作環境によっては正常に印字できないこともあるのでその環境について条件を満足しているかをチェックすることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする