東急ハンズでのポイント後付けはできる?損しない方法を解説!

東急ハンズではポイントの後付けはできるのでしょうか?実は東急ハンズでポイントを後付けするためにはいくつかの条件があることを覚えておかなければなりません!

この条件をしっかりと認識しておかないと、いざ東急ハンズでお買い物をした時のポイントも全てムダになってしまいます(汗)

東急ハンズでポイントを後付けするために必要な条件や方法について解説していきます。

東急ハンズでポイントを後付けするために必要な条件について

レジにて「後付けレシート」をその場で店員さんから発行してもらうようにしましょう

東急ハンズではポイントの後付けをすることは可能です。ポイントの後付けをしてもらうためには「後付けレシート」というものを東急ハンズの店員さんからレジにてその場で発行してもらう必要があるのです。

この「後付けレシート」をその場で発行してもらわずに普通のレシートだけで買い物を完了したとしてもポイントの後付けをすることはできなくなってしまいますので注意しておきましょう!

この「後付けレシート」のサービスを利用すれば、購入時にハンズクラブカードを持っていなくても損をしないで済むことができるようになります。しかし、後付けの恩恵を受けるためには、いくつかの注意点があるのです。

まず、一番重要なポイントとして、ついうっかりハンズクラブカードを忘れてしまったとしても、商品購入の会計の際に、レジでハンズクラブカードを忘れてしまった旨を店員さんに伝えるようにしましょう。

これを言わないと「後付けレシート」を発行してもらうことができません。

「後付けレシート」ですが必ず1か月以内に店舗まで来店してポイントを付けてもらわなければなりません

無事にレシートを発行してもらえたら、必ずその日から1ヶ月以内にポイントの後付けをしてもらうようにしてください。

その際に注意したいのが、どこの東急ハンズでも出来るわけではないということです。サービスが受けられるのは、グッズを購入した店舗のみであるということを覚えておきましょう。

この後付けサービスを利用すれば、ハンズクラブカードを持っていないからという理由で買い物をあきらめるようなこともせずに済みます。

また、会計時に初めてカードを忘れたことに気が付いたとしてもこの方法を知っていれば落ち着いて対処することができるようにもなるでしょう。

ポイントをムダにしたというような悔しい思いをするということもしないで済みます。ハンズクラブカードを忘れてしまったとしても、気にせずに誰もが損をしないで気持ちよくショッピングを楽しむことができる嬉しいサービスがポイント後付けのシステムだと言えます。

東急ハンズのハンズクラブカードのお得な特典について

東急ハンズでは無料の「ハンズクラブカード」というものを発行しています。簡単な会員登録をして入会するだけで、100円のお買い物につき、1ポイントが付くシステムとなっています。

1ポイントが1円で換算され100単位で次回の300円以上のお買い物から利用出来ます。

1円でも損をしたくない人にとってはこの「ハンズクラブカード」はとってもオススメですし、ポイントの後付け方法も知っておけばより損をする可能性も減らすことができるでしょう。

また、東急ハンズでは時々ポイントが何倍にもなるキャンペーンなどを行っているということもチェックしておきたいところです。年末などは例年ポイント10倍キャンペーンなどを開催しているのも有名な話です。

キャンペーン期間中に欲しい物をまとめ買いすれば、ポイントも普段よりもたくさん貯まりますし、カードを忘れたとしてもポイントの後付け方法を知っておけばより安心してお買い物を楽しむことができますね。

ハンズクラブカードの入会は店頭で行えばすぐに利用することが出来ますが、必ず後でウェブにて登録を完了させるようにしておくことが必要です。

登録方法は簡単で、会員になるとさまざまなお買い得情報やキャンペーンをいち早く知ることが可能になります。

東急ハンズは次から次へと面白いグッズを生み出すお店としても知られているので、是非ともこういったサービスを利用してみるようにするといいでしょう。

ショッピングをする際のポイントカードやクーポンなどは業界内では常識といってもよいくらいのサービスとなっていますが、ユニークなグッズが満載の東急ハンズでも例外ではありません。積極的にこういったサービスを利用していくようにしていきましょう。

ハンズクラブへの入会前には @tokyu-hands.co.jp  のドメインが指定受信できるようにメールの受信設定をしておくようにしておくことも覚えておきましょう。

ハンズクラブのWEB登録はこちら

https://hands.net/newmember

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする