ストリートビューにて住所検索を無料でするのに便利な無料アプリのオススメや使い方を紹介

ストリートビューを使用して住所検索を無料で行うことができる便利なアプリの中で一番オススメ出来るものはGoogleMapsです。

特にGoogleMapsはユーザーに使いやすいように配慮されたインターフェイスになっているだけでなく、一般的なストリートビューを利用できるアプリとは違ってユーザービリティを下げてしまうアフィリエイト広告は掲載されていません。

具体的な使い方については、アプリをストアからダウンロードして検索欄に住所を入力すれば良いだけです。

検索して表示された住所をストリートビューに切り替えたいのであれば、切り替えのボタンを押すことによって視点がストリートビューになります。

スポンサー リンク

ただしGoogleMapsのデメリットは、スマートフォンの性能を要求します。

特に最近発売されたiPhone7などの機種であってもギリギリ動作できるレベルなので、使用するスマートフォンの性能については十分注意しましょう。

ストリートビューを使用することによって発生するデータ通信量もやや多めです。

通信量が限られている回線を使用しているとすぐに上限に到達してしまうことがあるので、なるべく無線LANなどを使用して高速通信ができるようにバックアップしていく必要があります。

もちろん、電池の消費も激しくなるので外出中に利用する際にはモバイルバッテリーを用意して住所検索を行いましょう。

しかし、GoogleMapsにもメリットは豊富に用意されており、ストリートビューの画質が非常に高画質であるという点があります。

特に住所検索をする際に重要になる周辺の風景や看板の文字などもしっかり確認できるようになっているので、検索して迷うことがありません。

それだけでなく画面の拡大や視点の移動なども簡単な操作でできるように作られているので、スマートフォンの操作に不慣れなお年寄りの方でも便利に利用できます。

検索欄に住所を直接入力するだけでなく、周辺の情報などから一致する施設なども表示可能です。

出先で急に住所がわからなくなった状態で住所検索を行いたいときには、周辺の風景や情報を入力していくだけで目当ての地点の情報を手に入れることができます。

他にもGPS機能を活用すればリアルタイムで自分の現在地が更新されるので、目的地に向かって前進することができるのです。

以上の機能が充実していて、全てが無料で利用できる点からGoogleMapsはスマートフォンに予めダウンロードしておくと便利に使えるでしょう。

一般的なアプリとは違って画面の下におおいかぶさるアンカー広告などが表示されないので、スマートフォンの画面をフル活用できますし、GPS機能もあるので道に迷ってしまうことは少ないです。

Googleアカウントを使用すればパソコンで検索していた住所をそのままスマートフォンに引き継ぐこともできます。

この使い方は、Googleアカウントのログイン情報を用意する前提条件がありますが、仕事中に調べた情報にすぐにアクセスできるので便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする