TNTでの追跡番号のお問い合わせ!追跡できない時はどうしたらいい?

TNTではお荷物の追跡をアプリなどを使ってリアルタイムですることもできます。

また追跡できない状況の時にはカスタマーサポートセンターにお電話などでお問い合わせして調べてもらうことなども可能です。

TNTエクスプレスでの海外発送に役立つ追跡サービスなどについて解説していきます。

TNTエクスプレス追跡方法について

TNTエクスプレスのお問い合わせ先電話番号

国内でのお電話によるお問い合わせ先の電話番号はフリーダイヤルとなっており、通話料金は無料でかけることができるようになっています。

電話番号は0120599868となっています。

また、海外へのお問い合わせ電話番号ですが+81368610026です。

電話以外にもカスタマーサポートセンターへメールにてお問い合わせすることもできるようになっています。

追跡できない場合は時は、どうしたらいいかわからなくなってしまうかもしれませんが、不安を感じる必要はありません。

TNTではカスタマーサービスチームが存在するため、荷物の状況について質問することができるようになっています。

追跡状況以外にも何か分からないことなどがあれば「よくある質問」のコーナーのリンク先を確認するようにしてみることをオススメします。

https://www.tnt.com/express/ja_jp/site/support.html

また、追跡に関するトラブル(紛失)や、重量やサイズ制限、私書箱宛の発送などは追跡専門の「よくある質問」コーナーを参考にするといいでしょう。

https://www.tnt.com/express/ja_jp/site/support/faq.html#after-you-ship

TNTの追跡に役立つモバイルアプリ

TNTエクスプレスにはiPhoneでダウンロードして使うことができるモバイルアプリも用意されています。

https://itunes.apple.com/app/tnt-tracking/id1064421604

アプリをダウンロードして通知を有効にしておくと、荷物の配送状況が変わるごとにリアルタイムでチェックすることができます。

無料で使うことができるサービスですのでTNTエクスプレスをよく利用されるユーザーであれば使用していくようにしましょう。

TNTでお荷物が追跡できない時でも焦らないようにしましょう

荷物に関するトラブルが発覚した場合は、すぐに問い合わせることをお勧めします。追跡の番号を入力しても表示されない場合は、少し時間をおいて再度追跡してみることをお勧めします。

荷物がシステムに表示されるまで1時間必要になります。発送の記録に関しては、90日間システムに保持されるため、不安を感じる必要はありません。

また、番号を入力しても、他の荷物が表示される場合もあります。

TNTでは1か月に200万個を超える荷物を処理しており、追跡に使用する8桁の番号は3週間から4週間ごとに再利用されています。

それに伴い、番号によってはいくつかの荷物が適合される場合があり、その中の1つが該当する荷物となります。

海外に発送する場合は、手数料や関税がかかることがあるため注意する必要があります。配送先の国と商品の金額により異なるため、しっかりとチェックもしておくことをお勧めします。

TNTエクスプレスについてホームページなどを紹介

荷物を海外に発送したいけれど、どこに依頼したらよいか困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合にはTNTエクスプレスに依頼することをお勧めします。

TNTでは予算や早さに適したオプションを選択することができるため、大変便利です。荷物を届けてもらう場合、いつ届くのか調べたい場合は、TNTの追跡の番号でお問い合わせすることが可能です。

TNTてはビジネスで発送したい荷物を、素早く簡単に発送してもらうことが可能になっています。

TNTエクスプレスは、オランダに本拠を置く、アメリカの物流企業フェデックス傘下の国際物流企業です。

200か国以上の国に配送する国際宅配便事業を行なっており、ヨーロッパ圏内では毎週55000回以上の陸路輸送している実績があります。

海外への発送ということで、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながらTNTエクスプレスはオランダではTNTPOSTとして郵便事業も行っているため、信頼できる企業ということで、安心して利用することができます。

アジア全域でも利用されており、シンガポールやベトナム、マレーシアやタイ、ラオス等の125以上の都市、香港経由で中国へのサービスも利用することも可能です。

海外だけではなく国内に向けても発送することができるため、安心してビジネスで使用することができるようになっています。

https://www.tnt.com/express/ja_jp/site/home.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする