給与収入と給与所得の違いについて!計算に便利なソフトはある?税金で損をしない方法とは!

多くの人が違いについて迷う所得税法の用語に収入と所得があります。

『給与収入』と『給与所得』の違いについて分かりやすく簡潔に説明していきたいと思います。

給与収入と給与所得の違いについて分かりやすく説明いたします

給与収入とは

毎月、給料を受け取る会社員の場合、年収が税法上の収入にあたるので、毎月の給与とボーナスである賞与を足した合計が給与収入になります。

源泉徴収前の金額で、会社が支払った総額ということです。

給与所得とは

所得は、給与所得と呼ばれ、収入金額から給与所得控除額をさし引いた金額になります。

つまり、源泉徴収前の給与と賞与などの収入の合計金額から給与所得控除を引いた金額で、所得税率をかけると支払うことになる所得税額を算出することができます。

会社員の申告制度や所得控除について

収入金額には、現物支給や経済的利益が含まれることがあり、会社の商品を無償や低価格で受け取った場合や会社が所有している土地や建物を無償や低価格で借りた場合、会社から金銭を無利息や低い金利で借りた場合などがあります。

収入にあたる部分は申告しなければならないという決まりがあります。

会社員の場合であれば必要経費とみなされている所得控除を受けることができます。

確定申告をすると医療費や寄付、住宅ローンなどにかかわる控除を受けることができたり、通勤費や転居費、研修費や資格取得費などの控除を受けることができます。

また、単身赴任者の帰宅旅費や会社が必要と認めた被服費や交際費なども対象になることがあり、特定支出控除と呼ばれています。

給与収入と給与所得の違いを理解することで税金が安くなる可能性もあります

給与所得と給与収入は間違えやすい税法用語で、税金のことはよくわからないという人も多いのですがよく理解をすることで、損をしないで経費をしっかりと控除してもらうことができます。

年末調整をしているからと計算をせずにそのままにしておく人が大変多いのですが、認められる控除をしっかりと受けることで、支払う税金が安くなる可能性があります。

税金が安くなるということは、受け取る給与である手取り額が多くなるということなので、自分で把握して必要な申告をすることが重要です。

税金のことがよく分からないという人には、税金で損をしないために計算に便利なソフトを利用することをおすすめします。

わかりにくい税金の仕組みなどが丸ごと組み込まれており、知識がない人でもフォームに従って入力をするだけで簡単に書類を作成することができるのでとても便利です。

スポンサー リンク

給与収入や給与所得を計算するのに便利な確定申告ソフトについて

給与収入や給与所得については自分で計算をすると間違えてしまうリスクがありますが、便利なソフトを利用すると、入力を正確にすることで計算間違いや申告漏れを防ぐことができ、手取り収入が多くなるというメリットがあります。

税に関する法律などを熟知している人なら自分でできると思いますが、普段給料をもらっている会社員は、自分が納税しているという意識が薄く、仕組みが分かっていない場合が多いため、会社に申告を任せてしまいきりになりがちです。

簡単で便利なソフトを利用して計算してみると、損をしていた分が明らかになるので自分で確定申告をしようという意欲もわきます。

簡単に利用することができるため、自分で納税をする必要がある人はもちろん、必要がない会社員も使ってみることをおすすめします。

https://www.yayoi-kk.co.jp/products/kyuyo/index.html

やよいの給与計算ソフトは無料体験版も用意されており、初めての人でも使いやすい機能が盛り込まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする