ボタン電池のlr44をダイソーで買うことのメリット!ボタン電池の回収協力店はどこで探せる?

普通のお店でボタン電池の『lr44』を買おうとすると、価格がちょっと高すぎると感じるかもしれません。

サイズが普通のものよりもかなり小さいのですから、そう思うのも当然です。

そこでおすすめしたいのが、100円ショップで知られるダイソーでlr44を入手することです。

ダイソーで買うことには、他のお店で買うよりもいくつかのメリットが期待できるのでぜひ試してみましょう。

まず何よりもうれしいのが、ダイソーのlr44ボタン電池は価格が安いことです。

スポンサー リンク

電気製品に使うものだからと家電量販店を訪れても、それほど安くはないことに気づくでしょう。

しかしダイソーならほとんどの商品が100円均一で売られており、この商品も例外ではありません。

もし他のお店で買おうとして手に取ったときに100円を超えていたのであれば、それを棚に置いて店を出ることをおすすめします。

ダイソーでは1個のブリスターパックに複数の製品が入っている点もお得です。

1個あたりの価格が安い上に、他の製品で使われている電池が切れてしまった場合にも、複数の製品が入っていればすぐに使うことができるのは大きな利点です。

しかも様々なメーカーの商品が並んでいますから、パッケージの見た目や好みのメーカーで選ぶこともできます。

一般的には電池の中でも丸く平ぺったい形状をしたものを、ボタン電池と呼びます。

一般的な円筒状の乾電池と違ってコンパクトで厚みも薄く作られているため、腕時計のようなサイズが小さい物でよく使われています。

中でもlr44は数多くの製品で使われており、ボタン電池の標準規格のような位置づけとなっています。

製品の特性上、すぐに中身を使い切るといったことはありませんが、もしものときに備えてたくさん購入しておくと、切れたときにすぐ交換することができて便利です。

電池のサイズが小さいからといって、価格的に安いわけではありません。これはlr44が特別な形状をしているためで、量産効率的にも一般的なものに比べると劣るからです。

容量が少なく長持ちさせることが難しい一方で、より大きなものよりも高い値付がされているのはそうした理由があるからです。

もしこれらのlr44が切れてしまったときには、ホームセンターや家電量販店などで購入することもできます。

ドラッグストアやスーパーなどでも売られていますが、消費期限があることを考えると、販売数が多く頻繁に新しい品が入荷するようなお店で買うのがおすすめです。

そういった点で考えるとダイソーでlr44を買うということは理にかなっており、経済的であると言えます。

使い続けたボタン電池は、いつかは中身がなくなって使えなくなってしまいます。製品から取り出した後は、早めにお近くの回収協力店へ持ち込むと良いでしょう。

サイズが小さいため、いつか捨てようと部屋の中などに置いておくと、小さい子供が飲み込んでしまったような事例もあるため、あまりオススメできません。

いろいろな危険を避けるためにも早めに処分するようにしたほうがベストです。

なお、回収協力店がどこなのかについては、ネットで調べることができます。

住んでいる都道府県や市町村を指定すると、どこで回収しているのかがわかります。

多くの場合は家電量販店やメガネ販売店などが多いようです。

残念ながらダイソーでは回収してくれないので、きちんと調べてから回収してくれるところへと早めに持っていくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする