飛行機に液体はスーツケースに入れて持ち込み可能?国内線の場合は?

飛行機に乗る際に、気をつけなくてはならないのが持ち込み物についてです。

いくつか持ち込みが制限されているものがありますが、その中でも気になるのが液体についてではないでしょうか。

機内は乾燥するため、飲み物を持ち込みたいと考える人はいるでしょう。また、女性であれば化粧水などの液体のスキンケア用品も気になるところです。

これら液体の持ち込みについては、国内線と国際線ではルールが異なります。そこで、それぞれの場合のルールについてご説明します。

国内線の場合

国内線の場合、基本的に飲み物を機内へ持ち込むことが可能となっています。但し、開封済みの物の関しては手荷物検査場にてチェックされます。

飲み物でも注意が必要なのがアルコール飲料で、多くの場合は問題ありませんが、アルコール度数が24%以上70%以下の物は持ち込める量に制限が設けられており、1人当たり5リットルまでとなっています。

化粧水や香水などは、機内に持ち込むことが可能です。但し条件があり、1つの容器の容量が500ml又は0.5kg以下である必要があります。そして、1人当たりの合計は2リットル又は2kgまでと決められています。

これは全て手荷物として機内へ持ち込む場合の条件であり、スーツケースの中に入れて予め預けておく場合には該当しません。基本的に預け荷物は、手荷物のような液体の細かな制限はありません。

スポンサー リンク

国際線の場合

国際線は国内線とは違い、厳しい制限が設けられています。

国内線とは違って、飲料でも保安検査前に購入したものは機内へは持ち込めないことになっています。機内へ飲料を持ち込むのであれば、保安検査場を通過後にある空港内のお店で購入する必要があります。

化粧品や香水などは、ルールを守れば機内に持ち込むことが可能です。

そのルールとは、100ml又は100g以下の容量の容器に入れて、再生可能な透明のプラスチック製の容量が1リットル以下の袋に入れるということです。

また、そのプラスチック製の袋のサイズにも細かく制限があり、縦横の合計が40cm以内と決められています。

このような条件を満たすことが難しい場合には、スーツケースなどに入れて預け荷物として空港の手荷物カウンターで予め預けておくことをおすすめします。

まとめ

液体の機内持ち込みについてご説明しましたが、いかがだったでしょうか?

基本的に国内・国際線ともにスーツケースの中に入れて、預け荷物として中に入れておく分には厳しい制限はありません。

どちらも注意が必要なのが手荷物としての持ち込みで、国際線に関しては細かく制限されているので注意が必要です。

国内線も国際線ほどの制限はないものの、化粧水や香水などの液体に関しては持ち込むためには決まりがありますので、予めきちんとそのように用意しておく必要があります。

いざ、旅行へ行くとなった時に空港の検査で引っかかって、手続きがスムーズにいかないということにならないためにも、ルールについてきちんと知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする