身体測定にて体重を減らす乗り方はある?直前に体重を減らす方法とは

女性なら誰しもこれまでに身体測定に合わせてダイエットをしたり、少しでも体重を減らす努力をしてきた方も多いのではないでしょうか?。

こちらでは、そんな女性ならではのお悩みに応える、身体測定で体重を減らす乗り方や直前に減量する方法をご紹介します。

まず、身体測定の前に少しでも体重を減らすためにできることが、身体の中にある水分を少しでも外に出すことです。ご存知の方も多いと思いますが、わたしたち人間の身体は、おおよそ50から75パーセントが水分でできています。

そのため、一時的に身体の水分を減らすことで大幅に身体を軽くすることができるのです。

身体測定の際に、尿検査も合わせて実施するケースも多いはずなので、体重計に乗る前にトイレを済ませてから行くと、体重の下一桁は確実に減らすことが出来るはずですよ。

これからは、必ずトイレに寄ってから測定へ向かいましょう。

スポンサー リンク

さらに水分だけではなく、女性に多い便秘症の方は、前日までに便秘薬などで対処しておくことも重要ですよ。

また、洋服を着たまま測定し、おおよその洋服の重さをもともとマイナスして測ってもらうようなケースも多いのではないでしょうか。

そのため、ポケットの中身などを取り出すことはもちろん、インナーなども脱ぐか薄いものにしておくことが肝心です。

中にはコンタクトまで外すという女性もいらっしゃいますが、そのように少しでも身軽になってから測定してもらう方が良いでしょう。

また、服装も特に指定がなく自由で行けるのであれば、できるだけ重量のない薄手のワンピースなどがおすすめですよ。

そして、これはあまり効果は少ないかもしれませんが、測定前に軽い運動をすることです。スクワットやうさぎ跳びなど、その場で行うことができる運動であれば簡単にカロリーを消費することができます。

また、身体測定と共に血液検査なども実施する場合もあるので、朝食抜きで臨んでいる方も多いかもしれませんね。測定の前日や当日はお食事を食べないようにするか、基本的に軽いお食事にすることで、測定の時だけは一時的に減量することができそうですね。

実際に測定する際に、体重を減らす乗り方の裏技が2つありますが、どちらも検査官にバレてしまう可能性が高いのであまりおすすめできませんが、ご紹介します。まず1つ目が、片足でつま先立ちをする方法です。

こちらは、器用にこなせばバレない可能性もありますが、かなりのバランス感覚が必要なため転倒してしまったりしないように気をつけて下さいね。

2つ目は、近くにいる人とこっそり手を繋いで測定する方法です。これも明らかにバレてしまいそうな方法ですが、重さが分散され実際の重量より軽く測定されます。

何歳になっても少しでも軽く測定されたいのが乙女心ですが、こちらで紹介したものは残念ながらどれも一時的なその場限りの対処法です。

そのため、身体測定の前日に慌てるのではなく、やはり日頃からの計画的な運動や、健康的な食生活がなによりも理想の身体への近道なので、こちらの方法はご参考までにとどめておいてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする