ラウンドワンのカラオケに監視カメラはあるのか考察!防犯カメラとは

ボウリングだけでなく、ビリヤードや卓球、ダーツ、ゲームセンター、そしてカラオケも併設しているアミューズメントパークで有名な店にラウンドワンがあります。

このようなアミューズメント店では興奮したお客さんによる犯罪行為などを抑止、または万一の際には警察へ画像を提供することを目的として、『カメラ』が設置されていることが一般的です。

しかしそのようなカメラの多くは防犯カメラであり、監視カメラではありません。

監視カメラとは四六時中人間がモニターの前に座って画像をチェックすることをいいますが、カラオケのようなところでは基本的には客は歌ったり踊ったりすることが目的でいきますので、監視カメラはついていないことが多いのです。

また、店員も暇ではありませんから、奥の部屋でたくさんの画面をじっと見ていることなどありません。

そのようなことから、何かカメラのようなものがあるぞと発見したとしても、ついているのは防犯カメラの方です。これはレジの上や横、廊下やトイレの出入り口など、犯罪抑止のためにわかるようにカメラが設置されています。

金銭授受の場や、痴漢などの犯罪行為を止めるため、もしくはその証拠としての画像を撮っておくためにありますので、一般のお客さんには関係ありません。

基本的には部屋の中を撮影するカメラはついていないか、あってもフェイクのカメラで撮影機能はないものであることが多いでしょう。

だからといって、もしも部屋の中で何かしら人には見られたくない行為をしようと、監視カメラや店員にバレないようにする方法を探しているならば、そのような方法はないと考えたほうがいいでしょう。

カメラが設置してなくても、例えばラウンドワンでは定期的に店員が廊下を歩いて巡回しつつ各部屋が歌っているかのチェックをしているようですし、カメラがないからと男女がイチャイチャしようとするとドアをノックされて開けられるということがあるようです(汗)。

例えば、机を挟んで座っていれば訪問されませんが、隣同士で座ると確認に来るようです。

要するに、長時間歌が聞こえない部屋は他のことをしていると疑われるということですから、どうしても何かをしたくて更にそれがバレないようにしようとするなら、歌も歌いながらするしか方法はないでしょう。

稀に1人でカラオケルームにいって部屋でパソコンを開いて仕事をするような方もいるようですが、そのような場合には犯罪行為とはみなされませんので、ノックをされてドアを開き、確認はされても退出を願われることはないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする