マネージャーとは?部活で理想の女子マネージャーになるためには?女性の場合は誰を手本にすればいい?

野球やサッカーなどでは男子部員ばかりが集まる傾向がありますが、高校生や中学生の学校の部活では女子マネジャーがいるところもありますね。

「女子マネジャーとは何か?」といえば、基本的に運動そのものはしないけどもアシスタント的な役割をする人になります。

よく、女子マネージャーと部員が恋心をもってしまったといった恋愛ドラマなどもありますが、実際にそのようなこともありますので男子部員としては可能なかぎり可愛らしい女子マネジャーに入ってほしいと願うばかりです。

ただ、見た目は別としても、しっかりとしたマネジメントをしてくれる人を集めることが重要になります。

部活においては、女子が行う役割は非常に多いです。例えば、雑用などもそうですが新一年生の後輩の女子マネージャーへと教えたりすることも上級生のマネジャーとしての役割になるでしょう。

それだけでなく、事前準備をしっかりすることで部員たちがうまく部活に集中できる環境を整えてあげることもお仕事になります。

スポンサー リンク

理想としては、どのような人がよいかといえば会社の秘書などを思い浮かべると良いでしょう。

実際に会社の秘書をやっている人は女性が多い傾向にありますが、誰でもよいわけではありません。

お手本にするならば、しっかりとしたマネージメントをしてくれる人がよいに決まっています。

では、実際に具体的な仕事としてどのような秘書の仕事があるかといえばまずその日のスケジュールを明確に把握することです。

その日のスケジュールはたいてい決まっており部活の中でスケジュールが決まっていないとすればかなりいい加減な部活と言えるでしょう。

そのような部活はやる必要がなく、あらかじめ設計された中でどのように時間を使うかが部活動では重要になりますので、たいていの場合では明確にその日のスケジュールを考えています。

よく、スケジュールを考えるときに長期目標から考えて短期目標に落としていき細かい計画を立てるパターンもあります。

このやり方が悪いわけではなく実際に成功した例もありますが、たいていの場合には計画倒れになる可能性があるでしょう。

なぜ計画倒れになる可能性があるかといえば、予定しているものと実際に出る結果は全く違うからです。

例えば、自分自身が小さなころ将来お菓子屋さんになりたいといった発想やパイロットになりたいといった発想を持っていたとしても現実的になっている大人は少ないです。

もちろん中にはその通りになる人もいますが、たいていの場合は途中で夢が変わったり挑戦しても無理で別のものに挑戦している可能性もあるわけです。

何が言いたいかといえば、長期目標を立てるときには、結果が変わる可能性がある可能性がありますので基本的に短期目標を立てるのがよいでしょう。

短期目標を立てる場合には長期目標も考えつつそのあいだは空白にしても何も問題なく物事が進みます。

なぜなら、長期目標のゴールのところに旗を立てた場合自然にそちらに導かれるように行動するようになるのは人間の脳の特徴だからです。

これをサポートするのが女子マネジャーの役割と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする