春雨の原料について!何からできてる?カロリーやビーフンとの違い

春雨はジャガイモやサツマイモなどのデンプンを原料に作られており、その食感が非常に柔らかいため様々な中華料理の和え物などに利用されることが多いものとなっています。

これに対してビーフンは米のデンプンから作られるため、ライスヌードルとしての位置づけが強く基本的に主食として利用されることも非常に多くなっているのです。

そのカロリーに関しても両者には微妙な違いがあり、基本的にはヘルシーだと言われているジャガイモやサツマイモ中心に作られている春雨は比較的カロリーが低いと言う印象があり、逆に米から作られるビーフンはカロリーが高いと言われている傾向があります。

記載には微妙な違いはあるもののほとんど変わらないものとなっています。強いて言えばビーフンの方が米が原料であるために若干高い意向がありますが大きな差ではありません。

春雨は基本的にはジャガイモやサツマイモのデンプンでできていることから、若干甘みをつけると非常に美味しく食べられると言う傾向があります。

そのため様々な物の和え物として利用すると食感が引き立つとともに、非常に効果的なものとなるのです。

さらにカロリーが低いことから様々な料理に利用することができ、味付けも非常に様々なものに適応してくれるので効果的な料理を作ることができるものとなっています。

スポンサー リンク

対してビーフンは基本的にはライスヌードルであるためそのままスープで食べても非常においしいものですし、米自体の甘みを持っていることも少なくありません。

そのため味付けは控えめにして楽しむのが最も良い方法で、スープなどに入れてその食感を楽しむのが最も一般的な食べ方となっているのです。

ただし実際には両方とも同じような食感であり原料の違いによる微妙に違う風味を除けばどのような調理法をしても非常に美味しく食べることができるものとして利用されています。

実際にはあまり使い分けをしていないと言う人も多く、スープに春雨を入れて楽しんだり、逆に和え物にビーフンを利用することも決して誤りではありません。

実際にはあまり細かく区別をされていないというのが実態であり、両方ともほのかな甘みの違いを除けばほとんど変わらない食感であるため、何にでも合うと言う印象を持っている人が多いのです。

厳密に区別をするのであれば様々な和え物に使用するのは春雨、スープなどに入れて楽しむのであればビーフンと言う考え方をする場合もありますが基本的には原料は異なってもデンプンが原料であることから、あまり大きな違いはありません。

様々な使い方を楽しみながら自分の好みの風味に調理をして楽しむのが最も良い方法であり、双方のうまみを引き出すためには最高の方法と考えられるのです。

最近ではあまり区別をせずに利用することも多く、両方を混ぜてその食感の違いを楽しみながら味わうと言うことも非常に増えているため、自分で料理をする場合には効果的に利用したいものとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする