カタログハウス通販生活温故知新の温故知品との違いとは?

カタログハウスの通販生活には「温故知新」と「温故知品」の2つがあります。

カタログハウス通販生活でのカタログの請求(お取り寄せ)についてや、2つのブランドの名前の由来などについて分かりやすく解説していきたいと思います。

カタログハウス通販生活温故知品

カタログハウス通販生活『温故知品』は利用者同士が自分の使わなくなった物を売ったり、あるいは欲しいものを安く手に入れるために利用するのに非常に便利な通販サイトとなっています。

最近はリサイクルショップも非常に増えており、中古品を安く購入して再利用することなどに抵抗を感じない人も増えています。

さらに、自分では利用しないものをそのまま捨てるのではなく、誰かに利用してほしいと言う考えを持つ人も増えています。

このようにリサイクルを行うことが1つの時代のブームとなっていますが、実際に中古品を利用するとなるとその商品の品質やその他の問題から使用することをためらってしまう人も多いものです。

しかし、カタログハウスではそのネームバリューと多くの読者の利用しやすさを考えて積極的にこのようなリサイクル活動を支援する形で『温故知品』という業態をプロデュースしています。

スポンサー リンク

温故知新と温故知品の言葉の意味の違いとは

『温故知新』と『温故知品』の意味の違いはその意識の差にあります。

古くからのことわざ「温故知新」は古きを温めて新しきを知る、すなわち古いものの使い勝手などを十分に知っておくことで新しいものを創造することができるという意味です。

それに対して「温故知品」では古いものの使い勝手を十分に知ったうえで、古いものをそのまま効果的に利用するという意味にとらえることができます。

古いことわざを利用した非常にユーモアに富んだ命名となっていますが、それぞれの文字の中には非常に深い意味が込められているのです。

通販生活のカタログ

通販生活は以前から非常に特殊な通販カタログを扱っていることで過去においても高い人気を誇っています。

一般的な通販カタログといえば無料で配布されているものが多く、興味を持つ人でなくても手にすることができ、簡単にカタログを手にして購入することができるものとなっています。

しかしながら通販生活のカタログはそのカタログ自体が有料で販売されていることが大きな特徴となっています。

有料で販売をすることから興味を持つ人しか手に取れないようになっており、また利用したい人だけがカタログから購入することができるというプレミアム感がブランドイメージを作り上げているのです。

その中で取り扱われる商品はすべて通販生活が選んだ非常に優良なものだけを取り扱っているというイメージをお客様に与えています。

そのため購入したものは非常に良い商品が多く、購入する側も特別な感覚を持って利用することができるものとなっているのです。

そのイメージの中で利用されるリサイクル品はどれも高い信頼をもった商品となっており、通常のリサイクルショップでの購入やフリーの掲示板でのガレージセールなどとは全く異なる良い商品を手に入れることができると言うメリットが生まれています。

そのメリットを端的に表現した場合に、『温故知新』をもじった『温故知品』と言う表現が非常にしっくりとくるものとなっているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする