キャンセル待ち予約を自動車教習所で獲得するコツについて解説!

自動車教習所の予約には「キャンセル待ち予約」というものがあります。こちらの予約を獲得するにあたってはちょっとしたコツがありますので解説していきたいと思います。

自動車教習所のキャンセル待ち予約を獲得するコツなどについて

自動車教習所に通う時に予定をすぐに立てられる人は次回の技能予約をその場でとっておく人がほとんどです。一方で早めに技能を終わらせたい人も多く、そのような人は予約を取らず立て続けに教習を受けようとしますが、基本的には予約をした人が優先されます。

しかし、人によっては事情によって予約をキャンセルをする人がおり、その枠を狙って教習を受けることも可能です。これを「キャンセル待ち予約」と言いますが、これを獲得するコツというものがあります。

それを知っているか知らないかでスムーズに教習を受けられるかどうかが大きく変わるので知っておきたいところです。

朝1番の早い時間帯は狙い目です

基本的な考え方として、人が嫌がる時間帯を狙うというものがあります。自動車教習所は朝の9時ぐらいからすでに始まっています。この時間を狙うのがおすすめです。

自動車教習所に通う人の多くは学生ですが、必修の授業でもないのに朝9時から起きなきゃいけないというのは学生からすればずいぶんしんどい話です。

そうなると朝9時の教習はキャンセルになることが目立ち、ここを狙えばキャンセル待ちの恩恵を受けられるということです。

キャンセルや遅刻なども同じようなものなので、寝坊して急いでやってきたものの間に合わなかった人がいることを願って勝負をかけるのがおすすめです。

お昼休みの時間帯もオススメです

予約が変動しやすい時間帯というものが自動車教習所にはあります。それがお昼休みです。

多くは学生なので、予定が変動しやすいのが実情です。アルバイトであったり急な補習、もしくは友だちや彼女からの誘いなどがあり、そちらを優先すると色々と変更が起こり、ぽっかりと穴が開きます。ここを狙っておけばすんなりと予約がとれるというわけです。

しかも当日変更のような形であれば同じように狙っている人がいない限りはまずそこに気付かないので、狙うことができるというのも大きいです。なので、お昼休みの時間帯を狙って注意深く観察をすることがおすすめです。

スポンサー リンク

学科授業の前後のタイミングの時間帯も狙い目です

また学科との兼ね合いというのも見ておきたい部分です。これを受けておかないと技能は受けられないという学科があることを、自動車教習所に来ている人はだれもがわかっているわけではありません。

高速道路での講習なども基本的には学科を受けないといけませんが、それをすっかりと忘れており泣く泣く予約をリリースするケースがあります。

他にもいくつかそのような学科の授業がありますが、これを前後するタイミングでキャンセルが起こりやすいとされています。最優先される学科の授業があるタイミングでは意外とこうしたキャンセルは起こりやすいのでかなりの狙い目です。

2月から3月くらいの時期を避けてキャンセル待ち予約を狙っていくのもオススメです

一方、キャンセル待ち狙いの人が結構いる時期とそうでない時期があることも知っておきたい部分です。

なぜ「キャンセル待ち予約」を狙うかといえば早く自動車教習所を卒業したい以外に理由はありません。

誰もが混雑する前に卒業をしておきたいと思います。

なので、学生が一気に運転免許を取得しようとする2月や3月は同じことを考える人が多く出てきてもおかしくはないので、そこのところは気をつけたい部分です。

俗にいう「卒業シーズン」の時期を避けて自動車教習所に足を運ぶようにすると「キャンセル待ち予約」を獲得できる可能性も上がることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする