アルソックの現金輸送がキツいと噂の3つの理由とは?口コミを調査!

アルソックの現金輸送の業務がキツイと言われる3つの理由についてヤフー知恵袋の口コミなどを参考にまとめてみました。

アルソック現金輸送キツい理由

現金輸送のお仕事などに興味があるけども実際のところどうなのか不安な方、

チャレンジしてみようかなと思っている方も良かったら参考にしてみてくださいね(^_^)。

アルソックの現金輸送は重たい荷物で腰や背中を痛める可能性も

アルソック現金輸送きつい腰痛原因

理由の1つとしてはまず、取り扱う商品が「とても重い」重量物であるという事が挙げられます。

ですので長期間に渡って勤務していますと、腰や背中などを痛めてしまうリスクもあります。

年齢を重ねれば重ねるほど体力的にもキツイですし、仮に退職すればそれまでに覚えた事もムダになってしまいますよね。

 

ちょっとした拍子に腰や背中、首や足、手首などを痛めてしまいますと、
業務に必要不可欠な車を運転するのも苦痛になってしまいます。

離職したとしても生涯に渡ってずっと体の痛みを抱えながら勤務していかなければならなくなってしまう不安とも実は隣り合わせなのです。

ひょっとしたらリハビリなんかの治療が必要になってしまうリスクも考えられますよね。

 

そんなことから、アルソックの現金輸送の業務はあまり入社してからすぐの新人の社員は配属させない傾向にあるようです。

せっかく優秀な社員が入社しても現金輸送の業務がキツイと感じてしまったならば、

合わない新人ならばすぐに辞めてしまう、
離職する可能性も高い傾向がデータとしてあるからですね。

 

上司がしっかりと本人にヒアリングして
ある程度の経験や能力が認められた社員であれば
現金輸送の業務に就くこともあるそうです。

強盗に襲われるリスクもあり

アルソック現金輸送車強盗被害
2つ目ですが、やはり現金を扱う仕事ですので本物の強盗と闘わなければならない危険性とも常に隣り合わせです。

刃物や、スプレーなどを隠し持っている凶悪な強盗、頭がおかしい犯罪テロ組織の一員とも、
いざとなれば戦わなければならない事だってあり得るでしょう。

 

格闘技など、例えば空手とか柔道などをしている男性ならばいざ知らず、

アルソックの警備隊などはほとんどそういった武道の経験がない方もほとんどだと思います(汗)。

 

深夜業務で現金輸送の仕事をしていて、
もしも強盗犯にナイフなどで刺されてしまったら、
大ケガをして人生も終了してしまう可能性だってありますよね(泣)。。

どこで身の危険に襲われるか分からない怖さがあるのもアルソックの現金輸送の仕事のキツさでもあります。

お金の紛失疑惑で身元保証人に被害が及ぶリスクも

アルソック現金輸送車身元保証人被害
3つ目はお金を盗難したと疑わられるリスクです。

特にアルソック以外にも現金輸送車の仕事に関わる場合には必ず身元保証人を立てることが必要になります。

 

もしも多額の硬貨やお札などを故意では無いにせよ
紛失してしまった場合には、

自分の家族や親戚にも損害賠償金の責任などを
負わせられる可能性もあります。

もちろん全ての行動は監視カメラなどで監視されているとは言え、精神的にも軽い気持ちでは他人のお金を預かるお仕事は出来ませんよね。

 

そんなALSOK(アルソック)の現金輸送では現金や証券などを回収し、資金センターに運ぶお仕事がメインになります。

主要なお取引き先は大手の銀行や証券会社となります。

現金の他には貴重品運搬などの荷物を運ぶものもあります。

 

いづれにせよ、お取引先は一流の会社ばかりとなりますので1円でも合わない場合にはアルソックの会社の評判や信用にも関わります。

甘い気持ちでは何かミスをした時にすぐに落ち込んでしまい、仕事のプレッシャーにも打ち勝てない事でしょう。

アルソックの現金輸送の仕事はキツい訓練も要求されます

アルソック現金輸送キツい訓練

他にもアルソックの現金輸送車の仕事がキツいと思われる理由としては、

防刃チョッキ、警戒棒、警杖などや、
超特殊なものが装備されている車両(防弾ガラス・催涙ガス等)

なども使用したりする事が状況に応じてあることですね。

 

もちろんそれらに伴う武器や防具などの扱い方は
簡単にはそうそう身につきませんから
それなりの厳しい訓練をしなければいけません。

時には警官上がりや軍隊上がりの上司から
激しく罵倒されながらスパルタまがいな教えで、

現場で通用する技術を習得していかなければ
ならない側面もあるのがキツいと言われる理由
の1つにもなっています。

早朝出勤やコミニュケーション能力を求められます

アルソック現金輸送早朝出勤
さらにアルソックの現金輸送業務では朝が早い、非常に早朝出勤が頻繁に発生することもキツいと感じてしまう人が多いようです。

早起きが苦手な人には厳しいでしょう。

早朝の6時半から7時半くらいまでの間に
出勤してまだ体が充分に温まってもいないのに、

重たい貴重品や現金などの重労働な積み込み作業を行いマニュアル車で出発しなければならないケースも多々あります。

 

柔軟体操も充分にしていない状態ではケガもしやすいですよね。
現金輸送の仕事は華やかなイメージもあるかもしれませんが、

実際には地味なルート配送で警備というよりはまるで運送業といったダーティーな側面があります。

 

ATMに現金を補給する時には複雑な機械を操作しなければならないので知識を求められたりもしますが、
その知識もそんな簡単には身につけられません。

 

クライアントの中には時間指定されているお客先もいますので遅刻は厳禁ですし、

時間にルーズだと取引先からの信用も無くしてしまい、あなたの行動ひとつで重要な仕事も失くしてしまったりします。

 

また、渋滞や事故で遅れるときはお客様と会社へ的確に連絡をしなければいけませんので
しっかりとしたコミュニケーション能力も必要になります。

コミュ障の人は現金輸送などの業務は厳しいでしょう。

 

さらには、その日の仕事の段取りが遅れてしまったならば穴埋めをしなければなりませんので、

それによって帰宅時間が遅くなり、業務を完了させるまでは必然的に残業になってしまいます。

 

現金輸送のお給料ですが、警備業界のなかのいろいろなお仕事と比べてみると比較的には高い水準であるとは言われています。

しかし、機械警備にくらべれば少ないですし、
なにより仕事の責任の重さ、重労働のハードさの割には少ないのもデメリットです。

現金輸送のお仕事ではお客様以外にも気をつかえる人材でなければなりません。

 

例えば2人1組の現場においては一緒に行動するもう1人と、

また、多人数の現場であれば、
周りの方とのチームワークも気を遣えなければなりません。

あなたがもしも周りの人間と仲良く仕事をこなすことが出来る人材であれば、

毎日の仕事も楽しくこなせますし、ラクだと感じられる事でしょう。

 

逆に相方と仲が悪かったり、相性が合わない相手と一緒に仕事をする事になると、

ストレスもたまりますし、精神的にもキツイと感じてしまい、

ウツ病になったり、仕事を辞めたくなってしまうかも知れませんね。

アルソックの現金輸送のお仕事のメリットとは

アルソック現金輸送メリット
今度は逆に現金輸送のジャンルだけに絞って
メリットについて考えてみます。

ボーナスも含めて現金輸送のお給料を1番たくさんもらえる会社は業界ではアルソックだとも言われています。

 

他には『アサヒセキュリティ』と『日通警備』と言う名前の会社も現金輸送のジャンルではお給料が充実しています。

セコムは現金輸送のお仕事のほとんどをすべて子会社に丸投げしているので

アルソックより現金輸送のジャンルについては全体的にはお給料は低いとは言われています(ヤフー知恵袋の口コミより)

 

ちなみに、他にも現金輸送のお仕事に興味があるのでしたらCSP、全日警、東洋テックなどがオススメではあります。

東洋テックはあまり名前は知られてはいませんが

関西では警備業界に非常に強いパイプを持っており、警備業界の年収でも第4位の会社でもあります(ヤフー知恵袋の口コミより引用)

 

いづれにしてもアルソックの現金輸送のお仕事は警備業界の中ではトップクラスであるようですから、

真剣にチャレンジするならばそれなりに高収入も得られてとても良い人生経験にはなるでしょうね。

 

ある程度の経験を積めば、キツイ現金輸送のお仕事でも将来的には現場を離れて、

後輩や部下へと指示を出すポジションにも付くことだって可能になります。

それまでグッと辛抱できる自信があるならば、
キツい現金輸送の世界に飛び込んでみても
良いのではないでしょうか?^^。

アルソック

Posted by kuruminmin