防災防火管理者の国家資格を取得するメリットや楽天での書籍などをご案内!

防災防火管理者は消防法にも定められている国家資格となっています。防火対象物の管理においては対応する資格を保有する者を選任する必要があることが国の法律によって定められています。

防災防火管理者の資格者は防火対象物に対しての管理・予防・消防の活動を行えるだけの知識とスキルを併せ持った人材であることが求められています。

防災防火管理者の資格を取るのに必要な講習テキストの内容ですが、危険物に関しての知識から地震、津波、火山等の天災関係までの幅広い知識を有する内容になっています。防災防火管理者の資格を書得するまでの簡単な流れについてや、就職状況などについて、また楽天(らくてん)での書籍などについて簡単にご案内していきたいと思います。

防災防火管理者の資格についての説明や役立つ書籍などをご案内!

防災防火管理者ですが甲種と乙種の2つの種類に分かれています

防災防火管理者ですが甲種と乙種の二つの種類に分かれています。

まずは甲種と乙種とではその対象とする範囲が異なっていることを覚えておくようにしましょう。

甲種の場合は大規模な防火対象物や人命への甚大な被害をもたらす範囲となっており、乙種がその規模に満たない範囲の対象物となっています。

国家資格として認められている防災防火管理者を取得すれば就職活動でも有利になることができます

防災防火管理者の国家資格を取得するためには管轄の消防署に届け出をする必要があります。

届け出をする以前に防災防火管理者の資格を事前に取得している前提で消防署から届け出の申請が認められれば晴れて国家資格を取得して国から正式に認められ、防災防火管理者として現場の第一線で活躍できるようになるのです。

就職する上では、防災防火管理者の資格を所有していることがポイントとなり、それを取得していれば就職でも有利に働くことも多いです。

いざ防火対象物の管理をオーナーに依頼された場合にもしっかりと対応できる人材であれば様々な現場から必要とされることも期待できます。現場での経験を積んでいけばその活躍の可能性は大きく広がっていくことでしょう。

防災防火管理者の責任は重大ですので生半可な気持ちでは職に従事することは出来ないのです

防災防火管理者の資格の責任は重大で、防火管理業務を行わない状態で火災などが起こってしまい、死傷者を出すとその責任を厳しく追及されることもあります。過去にも実例が幾つか存在しています。

例えば歌舞伎町ビルや札幌中央区の火災などの事件があります。業務怠慢な管理者ですと最悪な場合には逮捕されてしまうというケースも存在します。

従って国家資格の中でも防災防火管理者の職務は重要となるため、それを取得して就職する場合には覚悟を決める必要もあります。

しかし責任が重大となる資格ですが、その分だけビル管理会社やメンテナンス会社、不動産管理会社、警備会社などで働く上でも防災防火管理者の資格者は重宝されますし、就職などでも重宝されるのです。

防災防火管理者の資格を取得するなら書籍やテキストなどを活用していくことが重要になります

防災防火管理者の資格を取得する上では、甲種や乙種の講義をまずは受講し、その後に効果測定試験を受験する流れになります。

効果測定試験に合格したら、晴れて防災防火管理者の資格を保有することができるようになります。

防災防火管理者の試験日程についても逐一確認しながら計画を立てて受験を行うようにしていきましょう。

楽天などの通販サイトでも防災防火管理者向けの書籍を数点ほど扱っていますので、楽天にアクセスを行って検索してみると学習に役立つ書籍がいくつか見つかることでしょう。

甲種と乙種に向けた講習のためのテキストが3,000円を切る価格で販売されているため、簡単に入手することも可能となっています。

他にも仕事内容を詳細に網羅して、実際の業務に役立つテキストも扱っており、それらを読むことで実務でも役立たせることができるようになることでしょう。

楽天市場で防災防火管理者の書籍をお探しならこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする