名鉄運輸の追跡、お問い合わせ番号や営業所止めができる支店の電話番号!

名鉄運輸追跡ですがパソコンやスマートフォンによるインターネット環境で追跡をするやり方が一番オススメです。しかしながら伝票番号を無くしてしまったりして追跡ができなくなってしまった場合には臨機応変に電話などで追跡をする方法なども知っておくと便利です。ここでは営業所止めもできる名鉄運輸の支店の電話番号などを検索してお問い合わせをするやり方などについても解説していきます。

名鉄運輸の追跡のやり方について順を追って解説します

名鉄運輸の追跡のやり方は、まずは手元に伝票番号がわかる物を用意しないといけません。

伝票番号がわからなければ追跡をしようとしてもできないので、やる前にはしっかりと用意しておくことが大切です。

またインターネットを利用するため、インターネットに接続できるパソコンやスマホなどを用意しておくことも必要です。

移動中であれば電波が届く場所であることを確認してから、Wifiなどの環境が整っていることを確認してから名鉄運輸の追跡を行うようにしましょう。

名鉄運輸の追跡は、まずは公式ホームページにアクセスすることから始めます。

そうするとパソコンから閲覧している場合にはトップページの一番上のヘッダー部分に『▼配送状況のお問い合わせ』という伝票番号を入力する検索窓が見つかると思います。

そうしましたら、そこにお手元にある名鉄運輸の伝票番号の10ケタを入力して「検索開始」を押すことで現在の荷物の配送状況を簡単に探し出すことが可能になります。

配送状況の内容としましては受付日や現在の荷物の預かり先、個数に重量、そして詳細が表示され、現在どのような状況にあるのかのおおまかな概要を確認することができるようになっています。

やり方としては簡単ですがその際には伝票番号が分からなければできないので、それだけはしっかりと用意しておくことが必要になります。

名鉄運輸のお問い合わせ伝票番号の複数照会について

名鉄運輸の「お問い合わせ伝票番号」などを照会する際ですが1件だけでなくまとめて複数入力することもできるようになっています。

最大で一度に10件まで調べることができるため時間短縮にもつながって便利ですが、このサイトを使うことが出来る時間が限られていますのであらかじめそのことを覚えておくようにしておかなければなりません。

具体的には平日(月~金)までですと朝の7時から深夜の24時まで、日曜・祝日に限っては朝の7時から深夜21時までとなっていることに注意です。

その時間外に照会作業を行ってもサイトでは検索することができませんので、それで焦ってお問い合わせなどはしないようにしておきましょう。時間を置いてあらためて照会作業をすることが必要になります。

http://ap.meitetsuunyu.co.jp/webtrace/webtsuiseki/webtsuiseki.aspx

表示されるものはお問い合わせ伝票番号の右側に受付日や配送状況などが表記されるので、それを見て現在の状況を確認することになります。

一度に複数を調べてわからなくなりそうな場合は、一件ずつ入力して一つずつ調べることも選択肢の一つです。

基本的なことですが商品を送る際には伝票番号は必ず発行されるものなので、紛失しないようにしておくことが重要です。

届く側からすると自分でも調べられると便利ですし、相手側にも番号を教えておくことも大切になります。

荷物が遅延したりして届かないときなど伝票番号を照会することにより、どこにあるのか分かるので安心することができます。

しっかりとお問い合わせ番号をメモして、無くさないようにしておくことが重要になります。

名鉄運輸の支店(営業所止め)ができる店舗などの電話番号を全国から検索

名鉄運輸の営業所ですが北海道から九州にいたるまで全国に支店を展開しています。

もし万が一にでも伝票番号を紛失してしまったり、お荷物がなかなか届かない(届いていない)などの追跡に関する相談ごとなどがありましたら、近くの名鉄運輸の営業所まで電話にて連絡をしてみるということも別の手段として考えておくようにしておきましょう。

支店の電話番号はもちろんのこと、住所やグーグルマップの地図までも用意されているため、効率よく近くの支店をリストアップすることができるようになっています。

この名鉄運輸の営業所検索の機能のさらに嬉しい機能としては「営業所止め」などの検索機能なども充実していることです。

「ジャンル」で検索することができますので「止め置」にチェックマークを入れて「選択した条件で検索する」をクリックすれば全国の名鉄運輸の支店の中から営業所止めができる支店に絞って検索をすることができるようにもなっています。

もしもあまり家族に知られたくない荷物や、自分で荷物を受け取りに行きたい場合などはこういった営業所止めのサービスを利用するようにもすると便利です。

http://www.meitetsuunyu.co.jp/store/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする