ヒップスタイル追跡!電話での追跡、Amazonデリバリープロバイダ

ヒップスタイルの追跡方法ですがAmazonを通して24時間対応の自動音声や、フリーダイヤル(無料通話)の電話番号を利用した追跡ができるようになっています。

ヒップスタイルの追跡のやり方について詳しく紹介していきます。

ヒップスタイルの追跡について

Amazonを利用しての電話による追跡

Amazonでは、大手の宅配業者だけでなく、いわゆる『デリバリープロバイダ』への委託も最近では始めています。

デリバリープロバイダとは、各地域で営業を行っている宅配業者の集合体の意味で、ヒップスタイルもその内の1社です。

ヒップスタイルは神奈川県に本社がある企業で、東京や千葉に埼玉など、関東圏を中心に支店や営業所を置いています。

もしAmazonで注文して、宅配業者がデリバリープロバイダのヒップスタイルにあたったならば、Amazonの窓口から電話やWebで荷物の追跡を行うことが可能になっています。

電話: 0120-130-661 (フリーダイヤル、9:00-21:00)

自動電話受付: 050-5525-7445 (24時間)

デリバリープロバイダは複数の企業の集合体ですが、Amazonの委託を受けているので、問い合わせ窓口はAmazonを利用することになります。

Amazonではフリーダイヤルの電話番号を始めとして、24時間対応の自動受付も提供していますから、いずれかにお問い合わせをするようにするのがヒップスタイルを追跡するうえでは基本の方法になってきます。

ヒップスタイルにも、問い合わせ電話番号は用意されていますが、こちらは特に荷物のお問い合わせ用ではありませんので注意が必要です。

Amazonの電話窓口に連絡を行ったら、荷物のお問合せ番号を伝えてヒップスタイルでの追跡状況について調べてもらうようにしましょう。

ヒップスタイルの追跡をAmazonのヘルプページから行うやり方


アマゾンがなかなか電話に出ない、あるいはネットからすぐに荷物の追跡を行いたい場合には、Webの配送状況照会サービスのページが役立ちます。

配送状況照会サービスのリンクも、Amazonのヘルプページ内にある、配送業者の連絡先一覧に掲載されています。

国内配送の配送業者の中に、『デリバリープロバイダ』の項目が存在しますから、その横にある追跡サイトのリンクを押せば配送状況の照会ページが開きます。

ヒップスタイルの追跡についてもそちらから行うことができるようになっています。

https://track-a.tmg-group.jp/cts/TmgCargoSearchAction.do?method_id=INIT

再配達の依頼も同様に、リンクと専用のページが用意されているので、不在票が入っていたならばそちらから手続きが行なえるようになっています。

https://track-a.tmg-group.jp/cts/Redelivery.do?method_id=INIT

ヒップスタイルでの追跡情報になりますが、実際に荷物を運んでいる人の情報登録や更新作業などにも依存していますから、現場で更新がスピーディーにされていなければ反映も遅れてしまいます。

特に、荷物が出荷された直後は反映までに時間がかかるので、発送の連絡が届いたとしてもしばらくは様子を見るのが賢明です。

半日経っても反映されない、もしくは翌日にも変化がない場合には、電話やお問い合わせフォームなどの連絡先から問い合わせて確認してみるようにすることをおすすめします。

中でも、Amazonのカスタマーサービスは対応が早いですから、急いでいる時にも頼りになります。

仮に電話が通じないとしても、Webサイトで注文した商品のお問い合わせを行えば、24時間連絡は送信することができますし、責任をもって調べてくれるようになっていますので追跡できないからと焦らないことが大事です。

スポンサー リンク

デリバリープロバイダでもあるヒップスタイルの仕組みについて

デリバリープロバイダは、ヒップスタイルに限らずまだまだ作られたばかりの新しい配送システムなので、まだ現場のニーズに追い付いていない部分があります。

例えば、荷物の配達が遅かったり時間通りに届かないなどから実際に利用したカスタマー側の不満や苦情も多いサービスであるといえるでしょう。

ヒップスタイルは、膨大な荷物の宅配を担う業者で、多くの人達の期待に応えてはいますが、まだまだ完璧に稼働しているとは言えないのが現状です。

宅配を担うスタッフの力量による個人差もありますから、この点はもう少し様子を見る必要がありそうです。

Amazonが販売・発送する商品は、Amazonの責任で配送が約束されるので、万が一荷物の破損などが発生したとしてもAmazonの責任において保証されることになっていますのでその点については安心できます。

Amazonの追跡ページはシンプル過ぎて普通ですが、ヒップスタイルなどの特定の宅配業者に限らずいろいろな宅配業者の荷物を一括で調べられるようになっており、その機能については日々進化していっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする