ドコモ料金シミュレーションの活用法!料金シミュレーションを使うべき人とは

ドコモ(DOCOMO)を利用中の人で少しでも料金を安くしたいと考えている人は、ドコモの料金シミュレーションを利用してみることをオススメします。インターネットをドコモ光にすることで安くなったり、携帯だけを考える場合でも最適なプランを知ることができます。

しかしながらドコモの料金シミュレーションについては万能なワケではありません!やはり簡易的なシミュレーターとなっていますので実際のドコモの店舗で契約をした時の料金とは誤差が生じることもあるとも言えます。

どういった人がドコモの料金シミュレーションを使っていくべきでどういった人が使わざるべきなのか?そういった観点について少しばかり解説していきたいと思います。

ドコモ料金シュミレーションについて使う前に事前に知っておくべきこと

自分の普段の通話がキャリアメインなのかLINE通話しかしないのかによっても変わってきます

ドコモにおいて無駄なコストを省くにはまずは基本プランを押さえておく必要があり、

スマホの場合には24時間通話が無料のカケホーダイプラン・

5分以内の通話が無料のカケホーダイライトプラン・シェアパック、

ウルトラデータパック専用のシンプルプラン・データ通信専用のデータプラン

があります。

それぞれ月額料金が異なって特徴も違いますので、通話をよくするのか5分を超えるような電話はあまりかけないのかなどの個々の状況で選ぶことが大切です。

また普段から通話をLINEばっかりで済ますことが多い人などは前提条件としてドコモの料金シミュレーションを使ったとしても条件に合わないことがあるのでそもそも論として使う意味があまり無いかも知れません。

ドコモ料金シミュレーションにおいては端末の分割購入代金も検討しておくようにしよう

端末を購入する場合には分割で支払いが発生しますので、その分も考慮しなければなりません。ドコモにはこの端末料金を最大24ヶ月間サポートしてくれる月々サポートがあり、プランによって割り引かれる額が異なります。

プランを見直してみると意外と不要なオプションがついていることも多いので、一度見直してみると大幅に無駄を省ける可能性があります。

この料金シミュレーションを使うべきなのは、現在インターネットの契約を別会社でしていたり、長い間プランの見直しを行っていない人です。もちろん普段からLINE通話ではなくキャリアの電話番号をメインで使っていると言う方もドコモの料金シミュレーションを使う恩恵はあると言えるでしょう。

ドコモショップはいつも予約も無しに訪れるとだいたいは混んでいることが多いです。そういった際にも自宅のパソコンなどで簡単に料金のシミュレーションをすることでわざわざショップまで足を運んで料金プランについて相談する必要があるのかどうかなどの判断材料にすることも出来るのもドコモ料金シミュレーションを使ううえでの一つのメリットになると言えるでしょう。

ドコモ光の利用者もドコモ料金シミュレーションの機能は見逃せません

例えばインターネットをドコモ光にするとトータル金額がどれ位変わるのかをチェックでき、プランで不要なものを省くことで月々の支払いは安く済みます。

利用歴が長ければ長いほどお得になるずっとドコモ割というサービスがあり、4年以上利用すると割引額が大きくなりますが、見直しをしないと使い方が変わって無駄が出てしまうこともあります。

ドコモの料金シミュレーションツールなどを利用して万が一不要なオプションが見つかったら、151へ電話して解約するようにするといいでしょう。

ドコモでは2018年になっても新料金プランが発表されています

新料金プランの魅力を見ていくと、シンプルプランは月額980円となっていて、

シェアパックと

ウルトラデータL/LLパック、

ベーシックパック

を利用することが可能です。

シェアグループ内の通話は無料で、月額2,480円にはなりますが2年契約なしを選択することもできます。

通話の少ない人には最適のプランとなっていて、選べるパケットパックが多いのもメリットです。

このシンプルプランは無料通話が家族に限定されていますが、その代わりに月額980円と格安SIM並みの手頃なプランになっていますので、月々にかかる費用を少しでも安く済ませたい人には非常に魅力的な内容になっています。

ドコモ料金シミュレーション

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする