今すぐ【あの動画】を楽しみたいのなら

ページコンテンツ

「あの動画が見たい!」そんな願いを叶える無料の動画配信サービスをご紹介

あなたの「大好きな女優さんや俳優さんが出演しているオリジナルの動画を好きなだけたっぷりと見たい!」そんな願いを叶えてくれる安心安全な動画サービスがあります。

パソコンやスマホがあれば無料で十分に楽しめます。

スポンサーリンク

動画を見るならば日本国内のVOD(ビデオ・オン・デマンド)が安心安全な理由

動画サービスを選ぶ基準ですがウイルスにかかったりする心配も無く、また不正な料金を請求されたりする危険性も無い安全なサービスを選びましょう。

例えば、U-NEXT(ユーネクスト)であれば女優や俳優の動画配信サービスはもちろん、映画やドラマ、アニメ、バラエティまで無料でも十分に楽しめます。

 

いろいろなVODサービスがあり、例えば女優のコーナーでも、それぞれで異なる様々なメーカー、動画ジャンルを扱っています。

各VODサービスを比較してみて、お気軽に好きなメーカーや女優を探してみるのも賢い遊び方です。

 

インターネットに繋がったスマホやパソコンがあれば、無料で高画質の映像をこっそりと楽しめます。

ユーネクスト【U-NEXT(H-NEXT)】

U-NEXT(ユーネクスト)は今やテレビCMなどでも宣伝されている超有名なVOD(動画配信サービス)です。

動画はもちろん、音楽なども満喫できます。

 

初めて体験する場合、31日間(1ヶ月)の無料トライアルキャンペーンが用意されているので、初心者でも気軽にトライしやすいです。

また、有料の会員になったとしても利用料金はわずか月々に2189円ほどですし、毎月1200円相当のポイントが無料でもらえます。

実際にはかなりお得に安く利用できるのも嬉しいです。

 

もらえるポイントを有効活用すればスマホでも写真集など電子書籍も無料で購入できます。

スマホにダウンロードすれば電車の中などでもこっそりと楽しめます。

まずはお気軽にユーネクスト(U-NEXT)からVODの世界観にハマってみるのが初心者の入門編としてオススメです。

U-NEXTの特徴

・新規入会者は31日間は無料(好きな時に解約OK)
・高画質な動画40,000本以上が見放題
・新作もPPV(単品購入)で視聴可能
・アニメ、ドラマ、映画などの一般ジャンルも幅広くラインナップが充実
・追加料金の必要いらずで最大で4アカウントまで追加可能(視聴履歴は家族にもバレずに済みます)
・毎月1,200円相当の無料ポイントがもらえる
・電子書籍もポイントを使って読めます
・ペアレンタルロック(視聴制限)ができる
・電子雑誌110誌以上が読み放題

楽天TV(らくてんティービー)

楽天TVは「楽天ショウタイム」という名前から2017年に変更してパワーアップした楽天のVODサービスです。

女優さんや俳優さんが活躍している宝塚などの最新ステージも大人気のサービスです。

 

ユーネクストと同じように初回31日間は無料で利用が可能です。

有料会員でも月額1760円からとかなり格安で楽しめるサブスク型で対応機器も幅広いです。

Android TVやスマホ、タブレット端末、パソコン、アップルTV、Fire TV、クロームキャスト、プレイステーション4などの機器に対応しています。

 

見放題パックに加入すれば楽天TVで配信されている有料作品の購入に3回使えるお得な500円OFFクーポンも無料でもらえます。

楽天TVの特徴

・初回31日間〜無料(好きな時に解約OK)
・有料作品に利用できる500円OFFクーポンがお得
・毎日元気に平日更新。金曜日はさらに大量更新

 

ひかりTV

株式会社NTTぷららが運営する映像配信サービスが『ひかりTV』です。

専門チャンネルやビデオサービスなどプランによってたくさんの種類の動画を視聴できます。

 

専用チューナーをテレビに接続することで、自宅のテレビでいつでも大迫力の映像コンテンツを楽しめます。

パソコンやタブレット、スマートフォンでも映画やドラマを楽しむことができ、毎日のお仕事などが忙しくて見る時間がない方でも利用しやすいです。

 

ひかりTVだけのオリジナルチャンネルに興味がある方は体験して遊んでみると良いです。

各VODサービスの動画を試してみるメリット

VODサービスは場所と時間を選ばない!

ビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスはパソコンやスマホ、タブレット、また、自宅のテレビ画面で大画面で視聴するなどいろいろな視聴スタイルに応えてくれます。

 

スマホとインターネットがあればどこでも楽しめます

視聴する端末とワイファイなどのインターネット環境さえあればすぐにVODサービスのサイトを開いてお気に入りの動画をクリックするだけです。

それだけで高画質の動画を隙間時間でストレス無く楽しめます。

 

もしもAndroid搭載のスマートテレビなどが自宅に無かったとしても心配せずに大丈夫です♪

Amazon Fire TVなど対応する機器を使えば、自宅のテレビ画面でも瞬時に動画サービスを再生できます。

 

2022年の現在ならばドンキホーテなどで販売されているNHK受信料を払わなくても良い専門のテレビなどを活用してクリアな映像を楽しむのも良いでしょう。

TSUTAYA(ツタヤ)などのレンタル作品みたく延滞金の心配がありません

TSUTAYAなどでDVDなどをレンタルしたものの、返し忘れて思わぬ高い延滞金を払うことになってしまった悲惨なトラブルを経験した人も多いのではないでしょうか?

それに比べてVODサービスですと、期間が過ぎれば勝手に視聴できなくなりますので、ムダな延滞金を払うリスクも無く安心安全で親切なサービスとなっています。

 

お店に自転車やクルマでDVDを返しに行ったりする必要も無く、お気軽にレンタルが可能なのもVODの嬉しい特徴の1つです。

 

なお、気に入った作品があれば動画を購入して、スマホなどにダウンロードしておくと良いです。

そうすればずっと永久に保存してコレクションしておけますよ。

高額な請求にビクビク恐れる心配も無し!安心の定額制見放題サービス

U-NEXT(ユーネクスト)や楽天TVなどでは毎月の決まった金額のみで対象の動画が好きなだけ見放題です。

月に100本みても1000本見ても料金は定額です。

たくさんの動画を試してみて、本当に自分の趣味に合う動画を探してみるという遊び方も賢い方法です。

 

これらはサブスク型の動画配信サービスですが、初回の無料キャンペーン期間でまずは無料で遊んでみるのが本当にオススメです。

その後で、課金して継続してサービスを使っていくか慎重に検討してみると良いと思いますよ。

危ないサイトには近づくな!安心安全に動画配信サービスを利用する秘密の判別法を教えます

2022年の最近ではたくさんのVOD(動画配信サービス)がありますが、実は安全なサイトはごくわずかです。

中には個人情報を抜き取る危険なサイトも潜んでいるので要注意です。

 

ウイルスバスターなどのセキュリティソフトなどの登場で、ひと昔前と比べれば安全にインターネットも利用できるように進化はしています。

しかし100%安全とは言えないのがリアルな実情です。

VODサービスを使っていくうえで安全なサイトと危険なサイトを判別するやり方をまずは知っておきましょう。

 

特にネットにまだ慣れていない初心者さんならば、これからお伝えすることを肝に命じて行動していく必要があります。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺サイト

実際に存在している銀行名、会社名などを悪用してフィッシング詐欺を働くことを考えている悪質なサイト。

フィッシングのネーミングの由来ですが、釣りの【fishing】ではありません。【phishing】と表します。

 

素人が見ただけでは判別できないような巧妙な作りでサイトが作られていますので日常生活でも思わぬところで騙されてしまっている人が急増しています。

普段お使いのクレジットカードを使って買い物をしてしまいますと、知らないところで高額請求の被害にあってしまい、人生をめちゃくちゃにされてしまうリスクに見舞われます。

【考えられる損害】

・個人情報が奪われて銀行口座から勝手にお金が引き出されてしまうリスク

・クレジットカード情報を盗まれて限度額いっぱいまで高額な家電などのお買い物をされてしまう

・Amazonや楽天などのショッピングサイトのログイン情報が盗まれて勝手に注文をされてしまう

 

【騙されないために知っておくべき知識】

フィッシング詐欺サイトの常套手段として、メールに危険なリンクを忍ばせて誘導してくる方法が多いです。

ですので、フィッシング詐欺サイトから身を守る知識として、これから説明する方法をよく覚えておいてください。

 

・まったく初めてサイトにアクセスするならばグーグルやYahooなどの検索エンジンを使ってサイトを訪問すること。

・2回、3回と繰り返し訪問することを考えて、訪れたサイトをお気に入りなどにブクマ(保存)する。

 

ワンクリック詐欺サイト

ワンクリック詐欺サイトの特徴ですが、毎年何百人もの高齢者も引っかかっている古典的な手法です。

ネットサーフィンをして、特定のページに訪問してサイトを徘徊しようとした瞬間に狙われます。

 

アクセスした瞬間に『契約成立』または『会員登録完了』のように赤い警告メッセージが画面いっぱいに現れます。

「料金発生」と言う名目によってお金を騙し取ろうとする詐欺行為になります。

 

アダルトサイトや出会い系サイトなどからの請求のように見せかけてクリックを誘発するパターンが多いです。

これらは国民生活センターにも非常に多くの相談が寄せられています。

 

手口も非常に巧妙です。

 

画面にサイトに訪問したユーザーのIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)を見せて、相手の恐怖を誘うものがあります。

IPアドレスを表示すること自体は不正行為じゃありません。

 

ですから一般的なセキュリティソフトを使っていても、なかなか完全にワンクリック詐欺サイトから身を守ることは難しいです。

 

【考えられる被害について】

・架空請求によって高額な利用料金の請求被害にあう

・個人情報が知らないところで出回ってしまう

 

【対策方法や見抜き方】

さきほど説明したように完全にウイルスバスターなどのセキュリティソフトで防御することは不可能です。

ですが冷静に考えてみれば一切払う必要の無いお金なので黙って放置しておけば大丈夫なんです。

危険な人物は無視するのが1番の対策法です。

 

IPアドレスとかを見せられると焦りますよね?

 

まるでこちらの身元が相手に知られたような錯覚をしてしまって気が焦ってしまっても大丈夫です。

気にせずに無視し続けていてくださいね。

 

心配であれば国民生活センターなどに連絡して相談してみても良いかと思います。

 

偽動画配布(ダウンロード)サイト

実際には配布していない動画をダウンロードさせて購入費用を請求してくる危険なサイトが存在します。

1つの例としましては、無料お試し版をダウンロードしたユーザーに対し、存在しないニセの警告を出し、違法動画の購入を強要してきます。

 

同時に悪質なソフトウェアもダウンロードされてしまい、削除(アンインストール)できず、請求画面が出続ける悪質なケースもあるのでやっかいです。

 

【見抜き方と行うべき対策】

上記の手口は海外サーバーで運営している動画サイトでずっと変わらず繰り返されている古典的な手口です。

しかしながら違法アップロードされた動画などをこちらがダウンロードしようとしたシチュエーションで不意にこれらの攻撃に会う事が多いです。

 

もちろんこちら側の行為もれっきとした違法行為ですので文句を言える立場でも無いですし、仕方なく被害にあっている部分もある事は確かです。

まるで弱みを握られているような錯覚すら覚えますよね。

 

基本的な対策方法ですが約束してください。

海賊版や、公開されていない筈の(あり得ない)動画を扱っているサイトには、一切アクセスしないことを守ってください!

そして万が一にでもアクセスしてしまった場合ですが、サイト内で提示されたURLなどは決してクリックしないことが得策です。

 

1分1秒でもすぐにサイトを立ち去るように心がけてくださいね。

iPhone(アイフォン)のウイルス対策はどうする?

パソコンでは『ウイルスバスター』などのセキュリティ対策ソフトが有名ですし、みんな使っているとは思います。

ですが、スマホにはウイルスバスターなどは特に導入していない、何も対策などはしていない人もたくさんいらっしゃるようです。

一般的にはネットの噂で「iPhoneはウイルス感染しない」みたいなニュースも耳にした事があるかも知れません。 

 

ですが本当のところはどうなのでしょうか。 

 

実際のところなんとiPhone、Androidどちらともウイルスに感染してしまうリスクと常に隣り合わせなのです。

パソコンよりはスマホのほうが可能性としては少しだけ低いと言うくらいのレベルです。

 

スマホの感染リスクについてはAppleとGoogleも研究しており、出来るだけ感染しないように企業努力をしてはいます。

 

次の項目ではiPhone、Androidスマホのウイルス対策について説明します。また、私たちが自分自身でできるウイルス対策についても分かりやすく解説していきます。

スマホのウイルス感染について

まず最初にスマホだってパソコンと一緒でウイルス感染する事実を知っておくことが重要です。

スマホの場合は「不正な行為をするアプリ」という意味で「不正アプリ」と呼ばれる名前のものが有名です。

これらをスマホの端末内にインストールしてしまったら最後、個人情報が漏洩されてヒドイ目にあってしまいます。

 

具体的にはネットバンキングやECサイトなどのオンラインサービスのログイン情報、アドレス帳の電話番号のデータなどを盗まれて悪用されてしまうでしょう。

仲の良い友達にも被害が及んでしまうかも知れません。

 

勝手にスマホ端末をリモート操作(遠隔操作)される、不正サイトに誘導する広告がスマホに表示されるようにされるなどのリスクにも襲われてしまいます。

ウイルス感染により平和だった日常生活をめちゃくちゃにされてしまいます。

 

iOSを提供するAppleや、Androidを提供するGoogleも、自分たちの会社の販売しているスマホ端末で、ウイルス被害の悪いウワサが広がらないように出来る限りの対策はしております。

ですが、やはりそれでも私達が自分自身で正しい知識を身につけて、身を守っていくことが必要不可欠だと言えるのです。

スマホのOSはセキュリティを強く意識した構造ですが・・・

パソコンはウイルスに感染すると、システムに入り込まれて手当たり次第に別の悪意あるファイルに感染させられてしまいます。

しかしスマホの場合はちょっと事情が違います。

iOS、Androidともに「サンドボックス」という隔離された領域内でしかアプリを動作させないように工夫されて守られているのです。

 

それによって他のアプリやシステム、データなどが不用意にアクセスできないようにパソコンとは異なり防御されています。

これがスマホの基本的なウイルス対策です。

 

これらの仕組みによってiOSやAndroidは万が一ウイルスに感染したとしても、ほかのアプリやシステムは一定の安全が保たれる仕組みとはなっています。

 

ですが、やはりスマホでもウイルス対策について考えていく必要はあります。

それでは、次からはiOS、Androidそれぞれのリスク対策について説明していきます。

iOSの徹底したリスク対策について

iOSの場合、インストールできるアプリがApp Store内のものだけに限定されているのが特徴です。

不正なソースコードがないかなど、Appleの厳格な審査に合格したアプリしかApp Storeではリリースされていません。

ですからある程度の安全性は保たれています。

 

これらの事情からiPhoneについてはウイルスの脅威に襲われるリスクが少なくはなっています。

 

Androidのウイルス対策をiPhoneと比較してみる

Androidの場合はiPhoneとはアプリの審査状況が違っており、ややザルな部分も少なからずあるのが現状です。

iOSはインストールできるアプリをApp Storeに限定していますが、Androidは公式アプリストアのGoogle Play以外からもアプリを入手できてしまいます。

それらのアプリは俗に審査を通していない“野良アプリ”と呼ばれますが、iOSに比べてスマホを使うリスクを高くしている原因の1つとなっているのです。

 

しかしながら2022年のAndroidのアプリは昔よりもセキュリティレベルも高くなっています。

野良アプリさえ不用意にインストールしなければアプリ経由によるウイルスの脅威に襲われるリスクは減少しています。

 

Androidは歴史として2009年のアプリのOSリリース当初は脆弱な部分もありました。

しかし年々セキュリティも強化されています。 

 

最近ではスマホのセキュリティ機能を向上する「Google Play Protect」、また不正なサイトやソースコードを検知する「Googleセーフブラウジング」などを導入しています。

セキュリティレベルも年々かなり高くはなっています。

 

なお、AndroidでもOSの初期設定では正規マーケット以外のアプリは、インストール不可になっています。

ですから基本的には野良アプリによるウイルスの脅威にさらされるリスクは無いと考えておいても大丈夫です。

 

ただし、ユーザーがそれらをインストール許可する設定をしてしまいますと、Google Play以外からアプリをダウンロードすることも可能になってしまいます。

利用方法によっては自然と危険にさらされてしまう可能性が上がってしまう事も覚えておきましょう。

 

以上のようにiOS、Androidともにウイルスへの対策は高水準ではありますが、それでもウイルスに感染する危険性がないとは言い切れない理由をこれから説明していきますね。

 

その理由ですがおおまかに2つ存在しています。

 

1つ目ですがOSに存在する脆弱性。

脆弱性とは、OSやソフトウェアにおけるプログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生するセキュリティ上の欠陥のことです。

その脆弱性を利用して、悪意のある攻撃を仕掛けてくるのです。

数に差こそあれ、実はスマホも脆弱性の申告数はそれなりにあり、iOSやAndroidにも脆弱性が存在しないわけではないのが現状です。

 

2つ目の理由は、ユーザーが不正アプリを知らないうちにインストールして、不正アプリが活動する権限を与えてしまうケースになります。

繰り返しになりますが、App StoreやGoogle Playでは、登録するアプリ全てに厳しいセキュリティ審査を行ってはいます。

しかし、残念ながら不正アプリが巧妙にその審査をすり抜けてしまうこともまれにあったりします。

 

当然、野良アプリをインストールしてしまったならば、危険にさらされるリスクが高くなってしまいます。

インストールした野良アプリに「連絡先データの読み取り」「現在地の読み取り」など不要な権限を与えてしまうと、不正アプリにさらに活動の機会を与えてしまう事に繋がります。

詐欺師にさらに活動のキッカケを与えてしまいます。

 

私たちにできるウイルス対策とは

iPhone、Androidスマホ両方ともウイルス感染のリスクを完全には排除できない以上、私たちでもそれぞれ自分自身で正しい知識を持って対策をしていく必要があります。

具体的には以下の4つのことを意識しておきましょう。

1.OSはなるべく最新のバージョンにしておく

OSに脆弱性が潜んでいることは避けられませんが、OSの開発元はいつでも脆弱性対策を施したアップデート版の配布を努力しています。

ですのでOSを常に最新版に保つことは脆弱性の攻撃から身を守るための基本対策とも言えますね。

2.信頼のおけない提供元のアプリはインストールしない

Google PlayやApp Storeでは厳格な審査により不正アプリを排除しているため、正規マーケットからのアプリは安全性も高いです。

Androidも『提供元不明アプリのインストールを許容する』にチェックを入れなければ、ある程度の安全な状態は保証されています。

 

それでも正規マーケット以外のアプリをインストールされたい場合には自己責任となる事を理解しておきましょう。

仮に有名どころのAndroidアプリでも可能性としてリスクはある事を知っておくべきです。

 

もし余裕があればアプリがリリースされてからしばらく待って、実際にアプリを使ったユーザーのレビューなどをいくつか参考にしてから使ってみるのも得策です。

もしそれらの特殊なアプリをダウンロードした後には忘れずに『許容しない』に戻しておく作業も怠らないように注意しておきたいところです。

3.アプリに不要な権限を与えない

万が一、不正アプリをインストールしてしまった場合でも、活動する権限を与えなければ、被害を最小限に抑えられます。

たとえば、アドレス帳へのアクセスを許容しなければ、アドレス帳へのデータ流出を防ぐことができます。

画像データへのアクセスも許容しなければ、画像データが流出する危険性も極めて少なくなります。

 

初めて使うアプリでしたら起動時に各種データのアクセスや機能利用の許諾を求めてきますが、不必要なアクセスや機能の利用は許諾しない事がオススメです。

要求されている権限でも、そのアプリの動作に本当に必要なものなのかをよく検討してから許可するように慎重に行動していくのが重要です。

4.セキュリティアプリをインストールする(Androidの場合)

Androidの場合は公式のセキュリティアプリも配布されており、ユーザーが必要に応じてインストールも可能です。

豆知識になりますが、auのAndroidユーザー向けとして専用の「ウイルスバスター for au」も公式でリリースされていますので必要に応じて使っていきたいところです。

 

セキュリティアプリがあれば、不正アプリをインストールしようとしたならば、そのアプリが本当に安全なのか判別して事前に身を守ってくれます。

アプリが不正なものと判断した場合には、インストールをブロックしてくれる機能なども備わっています。

 

様々なアプリをインストールする前に、準備としてAndroid端末にセキュリティアプリを入れておくだけで安全性は飛躍的に向上するのです。

スポンサーリンク