SoftbankのiPhoneにて公衆電話の着信を100%拒否する2つの方法!

SoftbankのiPhoneユーザー必見!公衆電話からの着信をブロックする方法

現在では公衆電話の数はかなり減ってはいますが、詐欺をしようとしたりストーカーをしようとする犯罪者は自らの足がつかないようにするため現在でもよく公衆電話を利用して電話をかけてきます。

頻繁にかかってくると思わぬ犯罪に巻き込まれる可能性が高まりますし、誰からかわからない電話をとるのは不安ですから、そういった輩からの着信についてはブロックすることをおすすめします。

iPhoneユーザーの場合、電話番号がわかっていたら簡単に着信をブロックすることができるようになっています。しかしながら相手からの電話番号が不明であったり公衆電話からの着信の場合は、電話番号が表示されないのでブロックすることができないようになっているのです。

そこで公衆電話からの着信をブロックする無料でできる対策として、iPhoneに搭載されている「おやすみモード」に切り替えるという方法があります。

「おやすみモード」に設定して、許可する人を「すべての人」から「すべての連絡先」に変更すれば、知りあいからの電話以外からの着信は拒否されることになるので、嫌な電話がかかってくる心配が無くなります。ちょっとした裏技として覚えておくと便利です。SoftBankのiPhoneにて公衆電話からの着信を拒否する方法として月額100円がかかるやつ以外で今のところ有効な方法はこれくらいしか思いつきません(汗)。

SoftBankのiPhoneユーザーが公衆電話からの着信を拒否する無料と有料の2つの方法を紹介

公衆電話からの着信拒否の方法には、無料の方法と有料の方法の2つの方法があります。

無料の方法は、先ほど紹介した手持ちのiPhoneの設定を「おやすみモード」に切り替えて、着信を許可する人を電話帳に登録してある番号だけに限定する設定に変更をする方法になります。

こちらの方法は自分で簡単に設定変更をすることができますし、無料なので誰でも利用しやすい方法だといえます。

スポンサー リンク

有料で着信拒否をする方法としては、iPhoneの回線を利用している通信事業者が提供している有料サービスを利用する方法になります。

ソフトバンクの場合は、『ナンバーブロックサービス』というものがあり、毎月定額の有料料金(月額100円)を支払うことによって公衆電話からの着信を拒否することができます。

ドコモですと『迷惑電話ストップサービス』というものが無料のお申込み不要で提供されていますし、auの場合は『迷惑電話撃退サービス』というものが月額100円の有料で提供されています。

これらの有料サービスを利用して着信拒否の設定をすれば、公衆電話からの着信だけでなく非通知の電話をブロックしたり特定の番号からの着信を拒否することが可能になります。

ソフトバンクのiPhoneにて公衆電話からの電話は「公衆電話」と表示される?

ソフトバンクのiPhoneにおいては公衆電話から電話がかかってきた場合ですと、「公衆電話」とは表示されずに「通知不可能」か「非通知」と表示されます。iPhoneの仕様としてはアメリカ製の商品となっていますので公衆電話を判別できないようになっているみたいです(汗)。

これがもしも日本製の携帯電話やスマートフォンを使われているのでしたら、公衆電話からの着信はしっかりと「公衆電話」と表示されて、公衆電話からの着信だとこちらで分かるようになるみたいです。

これはとっても不便ですし困りますよね。もしも家族や恋人、お友達が大切な用事で公衆電話から電話をかけてきてくれたとしても「非通知」とかで表示されてしまったらこちらとしてはイタズラ電話とか怪しい電話とかなのかと思ってしまいます(汗)こちらから相手側の番号にかけ直すという発想も生まれてきませんのでもし出来るならば留守番電話とかにメッセージなどを吹き込んでもらうようにしてもらいましょう。公衆電話からの着信拒否をするのはいいのですが、いざというとき大事な人からの電話を受けることもできなくなってしまうのは困りものです。

どうにかして欲しい問題ですがとりあえず今のところは我慢してもらうしかありません。もしもどうしても解決したいのでしたらダメもとでiPhoneショップの店舗のカウンターなどで相談に乗ってもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする