箱根登山鉄道の時刻表の活用法についての豆知識!小田急電鉄のアプリなども紹介

箱根登山鉄道の時刻表の調べ方

箱根登山鉄道は、箱根登山電車と箱根登山ケーブルカーからなる民間の鉄道路線です。

運行している会社自体は神奈川県小田原市に本社があり、小田原駅から強羅駅、早雲山駅までを結んでいます。

途中の強羅駅が両者の分かれ目となっており、西側のほうが箱根登山ケーブルカー、東側のほうが箱根登山電車となっています。

国内でも有数の本格的な山岳鉄道として、車窓からのさまざまな風景を楽しむことができます。

この箱根登山鉄道の時刻表についてですが、箱根登山鉄道には公式ホームページがありますので、手持ちのパソコンなどでアクセスして時刻表のタブをクリックすれば、かんたんに表示されるようになっています。

下りと上りとに分かれていますが、小田原駅以降のすべての駅についての出発時刻または到着時刻が掲載されていますので、実際に旅行をする場合には箱根登山鉄道の時刻表を活用するようにするととても便利です。

平日と土曜日や休日の列車のダイヤは若干異なっていますので、観光の際にはその点は注意しておくようにしましょう。

各駅ごとの時刻表をPDFファイルなどにして印刷することができます

箱根登山鉄道の駅ごとの時刻表はPDFファイル形式でアップロードされていますので、たとえば箱根登山鉄道の時刻表を調べるならばホームページから自宅のプリンターなどでから紙に印刷して持ち歩くようにすれば、常にA4サイズの紙の印刷表を携帯しておくことも出来ます。

正確な時刻表を知りたい場合には、このPDFファイルのほうが都合がよいこともあります。

箱根登山鉄道のホームページでは常に最新版の時刻表に更新がされています。最近では2018年の3月に最新版の時刻表に更新されたようです。もちろんPDFファイルにも更新日などが明記されています。

箱根湯本駅までロマンスカーなどを活用するのもオススメの方法です

時刻表をよく見るとわかるとおり、列車のなかに一部赤い文字で書かれているものが含まれています。

これは小田急電鉄のロマンスカーを意味しており、小田原駅から少し過ぎた箱根湯本駅が停車駅になっています。

実は箱根登山鉄道は小田急電鉄グループの傘下になっていますので、東京の新宿駅などから観光やレジャーで箱根方面を訪れる場合には、この箱根湯本駅で箱根登山電車に乗り換えをするのがもっともスマートな方法です。

またちょっとした豆知識として、小田原駅からの乗車であっても、箱根湯本駅までは座席に余裕がある場合に限って、200円の特急料金を追加するだけでロマンスカーでのラグジュアリーな電車旅を楽しむことができますので、こうした使い方もオススメの方法といえます。

小田急電鉄のアプリも箱根登山鉄道の時刻表を調べるのに役立ちます

なお箱根登山電車そのものではありませんが、接続している小田急電鉄のほうではスマートフォン向けに公式アプリをリリースしています。このアプリは列車の走行位置がリアルタイムで表示されるほか、直近の列車の発車時刻や途中駅での接続の様子などがチェックできるように工夫されており、そのほかにも駅構内図や路線図などのさまざまな情報も掲載されています。

時刻表などもわざわざ公式ホームページを開かなくても気軽に使いこなすことができますので、あらかじめインストールしておくと箱根登山鉄道の時刻表を調べるのにも役に立ちます。

箱根登山鉄道のインフォメーションコーナーでは夜のあじさい号の予約状況などについてアナウンスもしています

箱根といえば全国から登山やハイキングに訪れる人たち、あるいは芦ノ湖などの豊かな風景を見に訪れる観光客、箱根神社や箱根関所などの名所が目当ての歴史ファンなど、さまざまなターゲットを魅了してやまないところですが、箱根登山電車の公式ホームページのインフォメーションのコーナーも活用するようにすると良いでしょう。

例えば夜のあじさい号の予約状況などについてもインフォメーションコーナーにて突発的な変更点などをアナウンスしていたりします。

せっかく時刻表を活用してもこういった急な運行状況のお知らせなどを見逃していると損をしてしまうことも考えられます。

またインフォメーションのコーナーでは、鉄道路線のダイヤ改正などの事務的なお知らせはもちろんですが、そのほかにも花見スポットとして知られる沿線のあじさいの開花状況、箱根強羅公園などの観光スポットにおけるイベントの開催情報、夜のあじさい号などの臨時列車の運行情報といった、さまざまな情報を得ることができます。

箱根やその周辺という地域限定での情報が集まるのも、この地域で毎日運行している箱根登山電車ならではの強みといえます。

せっかく観光に出かけるのであれば、ひととおりインフォメーションに掲載されている項目に目を通して、最新のトピックを知っておくようにしておくことが列車の旅を楽しむためのポイントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする