イープラスのチケットを紛失!仮チケットなどの再発行ができない理由とは

イープラスのチケットですがもしも無くしてしまったならば再発行はできるのでしょうか?こちらに関してですがたとえコンビニエンスストアーにて代金を支払い済みでお手元に「お客様控え」を持っていたとしても再発行をすることはできません!イープラスにたとえ本人だということを身分証明書などで証明したとしても一度紛失してしまったチケットと同じ座席の券を用意してもらうことはできないようになっているのです(汗)

どうしても諦めきれないのであればもう一度お金を払って違う席のチケットを改めて手に入れてもらうしかないということになります。こちらでは何故イープラスではチケットの再発行ができないのかということの理由などについて解説していきたいと思います!

イープラスで紛失してしまったチケットが再発行できない理由とは


イープラスの利用をすることでコンサートやライブの座席を確保することができますが実際に発売される座席はコンサートの本番の1ヵ月以上前に販売しています。そのため、人によってはせっかく手に入れたコンサートのチケットを紛失してしまう可能性も否定できません。

もし、券を落としてしまった場合は再発行することができるかが問題になります。これに関しては、いかなる理由があろうとも再発行は認められていないと考えましょう。

どこに行っても再発行は認められる事はありません。実際にダメだと分かっていてもイープラスの事務局側などに相談にのってもらおうとする人もいますがそういったことをしてもムダだと言うことを理解しておきましょう。

そもそも、簡単に再発行してしまった場合にはいろいろな問題が生じてしまいます。

例えば、悪いことを考えようと思えば失くしたことにしておいて実際は手元にチケットを置いておきます。

そちらを友人に渡し、自分はもう一度発行する手続きをとりそれがうまくいけば同じ番号の書いてある座席が2つになるわけです。そうすると、一方が不正に入場することができてしまいますし、コンサートの会場のスタッフも混乱をしてしまうことになります(汗)

つまり、コンサートのチケットを失くしたことがしっかりと証明できなければもう一度発行してくれる事はないと考えておけば良いでしょう。

では一体どのように失くしたことを証明したら良いのかが問題になりますが、実は失くしたことを証明することはできません。物事は、有ることを証明はできても無いことは証明はできないようになっているのです。

よくある例としては、白いカラスがいるか証明せよと言われたときに証明できるかが問題になります。

白いカラスに関しては、1匹でも見つければいたことが証明できますがいないと言うためには世界中を探し回らなければなりません。世界中探し回ったとしても、カラスは常に移動しているものですのでもしかしたら存在している可能性を否定できないわけです。

このように考えれば、そもそも券が再発行される可能性はほぼないと言えるでしょう。

コンサート会場などでは仮チケットなどは発行してもらえる?


コンサート会場では現地にて仮チケットなどで入場できるようにしてもらえるかどうかなどが気になるところですが基本的にできないと考えて良いです。

仮チケットは、確かにチケットを持っていることの証明になります。

ですが、コンサート会場や大きなイベント等にはかなりの人が来るでしょう。

その人たちを管理するには仮チケットなどを許してしまいますと混乱が起こってしまうため非常にめんどくさいことになります。

そのような意味においても仮チケットの発行などはできないと考えておいて間違いはないでしょう。

イープラスは場合によってはファンクラブなどよりも良い条件の座席が取れることも

イープラスを利用することで様々な楽しみが増える可能性があります。

イープラスは基本的にはチケットを発行するところになりますので何らかのイベントがあった場合にはチケットを発行してもらえば目的のコンサートやイベントなどに参加することができてとっても便利に使えるサービスです。

もちろんチケットが発行できるといっても必ずしも良い席とは限りません。実際には、例えば誰かのライブに行く場合にはそのファンクラブなどに入っていた方が良い席が取れる可能性もあります。

ですが、ファンクラブといっても人気があるところはそれだけ座席の争奪戦が起こるわけです。座席が取れたら良いほうで運が悪ければ全く座席を取ることができない可能性も少なくありません。

このように考えれば、必ずしも会員クラブに入っていたほうが良いとは限りませんし、イープラスを利用することでもっと良い座席を取ることができる可能性もあるワケです。

そういった観点からもイープラスを利用していく価値は非常にあると言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする