新幹線の払い戻しは前日だといくらかかる?クレジットカードの場合は

新幹線のチケットを購入したけれど、都合で乗車できなくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。チケット代について、払い戻しができる?かどうか不安を感じる方もいらっしゃるはずです。

乗車前および発車前の切符が未使用であることが前提となりますが、チケットの払い戻しは可能と考えて大丈夫です。当日の場合は、原則として乗車時刻までと定められており、発車時刻を過ぎてしまった場合は払い戻しはできないと考えておくと良いでしょう。

キャンセルの手続きを行う場合は手数料がいくらか必要となりますが、条件によってキャンセル料が異なります。キャンセルを行う場合、キャンセル料はどれぐらい費用がかかる?のか気になる方が多いのではないでしょうか。

列車出発日の2日前に自由席のキャンセルを行う場合は220円、指定席の場合は330円の費用がかかります。乗車券の費用は220円となります。

具体的には東京から新大阪までのぞみに乗車する場合、通常運賃は8750円、指定席を利用する場合の特急料金は5700円と考えて間違いありません。乗車券のみ払い戻す場合は8530円、特急料金のみの場合は5370円が戻ってきます。

また、列車出発日の前日から出発時刻までの間に指定席をキャンセルすると30パーセントのキャンセル料金となり、必ず最低330円は支払う必要があります。特急券5700円の場合5700円の30パーセントということで1710円の手数料を支払うため、3990円戻ってくると考えておくと、スムーズに手続きを行うことができるかもしれません。

スポンサー リンク

 クレジットカードで支払いを行った方もいらっしゃるのではないでしょうか。クレジットカードを利用した場合は、使用したクレジットカードと購入時に受け取った控え全てを持参し、購入した窓口で依頼する必要があります。

インターネットで新幹線切符の予約や購入を行った場合は、インターネット上で手続きを行う必要があります。JR東海とJR西の運営する「エクスプレス予約」の場合は、受付時間は5時30分から23時30分となると考えて間違いありません。

インターネットで予約を行い、駅で切符を受け取った後に予定が変更になった場合、どうしたらよいか分からないという方もおられるかもしれません。

切符を受け取ってしまうとインターネットからの払い戻しができないため、駅にあるみどりの窓口で手続きを行うとよいです。

旅行会社でクレジットカードによる購入をした場合は、旅行会社でしか払い戻しができないため、注意する必要があります。

クレジットカードで購入した場合、どのようにお金が返金されるのかわからない方もおられるはずです。購入した金額が請求され、それから手数料を引いた金額が返金されると考えて間違いありません。

カード利用分とマイナス請求分が相殺された金額で口座に反映されることになります。

カード会社によって締め日が異なるため、JR詳細を問い合わせを行っても分かりません。

JRは払い戻し処理のデータをカード会社に送り、カード会社が決済を行うことになります。

引き落としや相殺のスケジュールを知りたい場合は、カード会社に問い合わせることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする