お役立ち情報

辞任と退任の違いとは?取締役が解任されたシチュエーションにて知っておきたい恥をかかないための豆知識

辞任と退任の違いは、自分の意思で現在の役職を退くかどうかと言う意味において非常に深い違いがあります。

 

辞任の場合は人気がまだ残っている状態でありながら様々な問題や自らの状況などを鑑み、自らの意思で現在の役職を退くことを示しています。

 

退任は一般的には任期満了で現在の役職を退くことを意味することが多いのです。

 

退任は辞任の意味も含んでいますが、対外的には任期満了で退くと言うイメージを与えることも多いため、その後の様々な状況を鑑みるとこの言葉を利用する方がイメージが良いと言う考え方もあるのです。

 

取締役が解任される場合には様々な理由があります。そのほとんどは会社の業績が思うように上がらない責任をとって現在の役職を退くと言うことが多いのですが、一般的には退任と言う表現をすることが多いのです。

 

これは辞任と言う表現をするとその取締役に様々な責任の全てがあるようにとられてしまうため、実際にはその責任があると考えられる場合でも表現として退任とすることが多いのが実態です。

 

会社の形を維持していくというのは決して簡単なものではありません。

 

計画通りに様々な事柄を実行し、市場に対して効果的な戦略を打ち出し順当に経営を行っていた場合であっても、様々な環境の急激な変化により会社の経営状態が悪化すると言う事は非常によくある話となっています。

 

特に大企業の場合には海外との関係も深い場合が多く、海外市場の流動的な変化に対してこの予測を行いながら的確に経営の舵を取らなければならないことが多いのですが、急激な状況の変化に追従できず好調な経営状態が一気に転落すると言ったことも少なくありません。

 

そしてこのような場合には会社の経営状態が悪化し株価などにも大きな影響を及ぼしてしまうため、投資家からの風当たりが強くなり経営陣が何らかの責任をとらなければならなくなってしまうことも多いのです。

 

このような場合には特定の取締役に対して責任を負わせてしまう事は大きなトラブルの要因となってしまうため、対外的な効果を懸念して最も関連する部門の担当取締役を解任することが少なくありません。

 

この場合には責任を取って辞めると言うことではなく、当初から予定されていた人事であることを対外的にアピールするために事実上は辞任であっても対外的に退任と言う表現を使用することが非常に多いのです。

 

ただし当該の取締役が会社に対して不利益を与えるような特別な行為を行っていたり、または周囲の反対を押しきって独自の判断で様々な経営手腕を行使した結果として事業が失敗したり、会社の経営を悪化させるような行為があった場合にはその責任を追及する事は当然の論理となっています。

 

そのため責任を明確にするシチュエーションが発生している場合には対外的にも辞任と言う表現を用いて株主等の同意を得ることが多いのです。

 

このような企業の状況を十分に熟知しその表現にも積極的に理解を示すことが、対外的に表現を誤り恥をかかないようにする非常に重要な豆知識となってくるのです。

スポンサー リンク

-お役立ち情報

Copyright© お役立ちサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.