店員さんがレジ打ち間違えでお釣りを多く渡してきて得した場合は返金すべき?

買い物をした際には店員さんにレジ打ちを行ってもらうのが一般的です。その際に店員さんがレジ打ちをミスしてしまい、本来、受け取るより多くのお釣りをもらってしまったと言う経験をされた方は少なくないかもしれません。

店側、店員さん側のミスであり、こちらは得した場合に該当しますが、このようなケースに際して、そのまま黙っていた、得したお釣りを返金せずにそのまま受け取って使ってしまった場合には罪に問われることもあるので注意が必要です。

スーパーやコンビニのレジなどでお釣りを多く受け取ってしまって返金しなかった場合にはどのような罪に問われるのかなど具体例を上げて解説していきたいと思います。

スポンサー リンク

お釣りを多く受けとっていたことを知っていて黙っていた場合にはどんな罪に該当する?

不当な利益を得たと解釈されて詐欺罪に問われてしまうことも

では具体的にはどのような罪に問われるのかと言うと、ひとつは「詐欺罪」です。

お店側のミスであり、こちらが詐欺をしているつもりは全くないと思われる方も多いかもしれませんが、このようなケースの場合、お店側がそのことに気がついていないことをいいことに多く受け取ったお釣りを自分の懐におさめてしまうと言う行為が、相手を騙すことに該当すると理解されています。

そしてその上で「不当な利益」、すなわち多く渡されたお釣りを得ることは詐欺にあたるため、詐欺罪に問われる可能性があると言う具合です。

こちらとしては騙すつもりなどなかったとしても、多くお釣りを受け取ったことを分かっていた、けれどそれを返金しなかったと言う時点で、相手が気がついていないことを利用して不当な利益を得た、すなわち詐欺に該当すると理解されてしまうわけですから、やはり店員さんのレジ打ちミスやお釣りが多いことに気がついた時点で、素直に店側に申し出るのがベストです。

多く得たお金を使い果たしてしまった場合には「遺失物等横領罪」になってしまうことも

また、買い物直後でなくても、多く得たお釣りを使ってしまった後に分かった場合には、不当に得た利益を消費してしまったと言う扱いになります。

そしてこれは条件を満たしていると「遺失物等横領罪」と言う罪に問われることがあります。

実際に店員さんのレジ打ちミスでお釣りを多く受け取り、しかしそれを返金しなかったと言う事例でこのような罪に問われ、逮捕された人がいると言う事例もあるので注意が必要です。

スポンサー リンク

電子マネーやクレジットカードで支払うべき金額が少なかった場合にも要注意です

ところで最近では買い物の支払いに現金ではなく、電子マネーやクレジットカードを利用すると言う人も増えてきています。

このような場合、現金のやり取りがないためお釣りが多くても(払うべき金額が少なかったとしても)気がつかないと言うことも考えられます。

こんな時にはどうなるのかと言うと、これも気がついた時点でその旨を伝える必要があり、現金同様、それを怠り不当な利益を自分のものにしてしまった場合には詐欺罪に問われる可能性があります。

クレジットカードの場合、お釣りと言うよりは買い物した物の値段を打ち間違え、安い値段のままで決済されてしまうと言うケースが考えられます。

レジなどで決済をした際には、たとえクレジットカードであっても買い物した値段は表示されるので、それに注目してミスがあった場合には速やかに店側に申し出るのがルールです。

要するに現金、クレジットカード問わず、レジ打ちミスやお釣りの額などに間違いがあったと分かった時点で、それを正直に申告するのがベストであり、間違ってもそれを黙ったままでいると言うのは避けるべきことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする