使い捨てホッカイロは飛行機の中に持ち込める?安全に持ち込む方法とは

寒い時期は衣服を重ねるなど寒さ対策をしておきたいですが、海外では国内よりもさらに寒さが厳しい国も少なくありません。それゆえ、防寒対策はしっかりと行いたいところですが、衣服をたくさん持っていくとそれだけ荷物も増えてしまいます。そこで注目されているのが開封後にすぐに熱を発生させて体を温めてくれる「使い捨てホッカイロ」の存在です。

ホッカイロも人気の商品のひとつで、寒い時期を快適に過ごすのに役立ちますし、厚着をしなくてもしっかり体を温めることができます。

それゆえ海外に行く際もホッカイロを持っていきたいと考えている人は多いのではないでしょうか。とはいえ、飛行機に乗る際は持ち込めない物もありますので、熱を発生させるホッカイロを持ち込める?かも疑問に感じるところです(汗)。

海外旅行に行く際にはホッカイロが持ち込めるかどうかという観点について解説していきたいと思います。

海外旅行での飛行機の中に使い捨てホッカイロは持ち込めるのか考察

ホッカイロを持ち込む際にはスーツケースの中ではなく手荷物として持参するのがオススメです

まず、使い捨てカイロの中はその多くが鉄粉です。鉄が錆びる際に発生する熱で温まる仕組みとなっていますが、国内で販売されている商品は品質が良く、物を燃やすほどの温度は発生しませんので、発火や爆発の恐れはないとされています。

それゆえ、多くの航空会社(国内線)においては持ち込みや預けることは許可されています。とはいえ、やはりカイロの持ち込みには注意点があります。

まず、ホッカイロに限らず多くのカイロは鉄分を多く含んでいるのが特徴ですので、金属探知機に反応してしまう可能性があります。それゆえ、持ち込む場合もスーツケースに入れるのではなく、手荷物として入れておくことがおすすめです。

もしも金属探知機が反応してしまった場合、スーツケース側に入れてしまうと大勢の前でスーツケースを開けなくてはいけませんし、カイロだけではなく他の荷物までチェックされることになります。

その点、手荷物側に入れておけば、もしも指摘されても、すぐにカイロを取り出すことができますので、よりスムーズです。

特に問題なく持ち込めることが多いですが、より安全に持ち込む方法を知りたいという場合はあらかじめ利用する旅行会社や航空会社に問い合わせておくと良いでしょう。

海外に持ち込む際には身体から外しておくようにしましょう

それから、寒い時期はすでに体に着けておくことも珍しくありませんが、この際も気をつけることがあります。

海外に入国する際に国際線を利用する際、感染症のチェックのためにサーモグラフィー検査が行われますが、カイロを着けたままだと検査で引っ掛かる可能性もありますので、外しておくほうが無難です。

スポンサー リンク

オイル充填タイプのホッカイロの場合は飛行機の中に持ち込むことはできません

一般的な使い捨てカイロの場合は問題なく持ち込みできることが多いですが、カイロにも使い捨てではなく、オイルで充填するタイプもあります。

この場合は液体燃料を使用しますので、機内への持ち込みや預けることはできません。

使い捨てではなく何度も使えるのは便利ですし、荷物を減らすことにもつながりますが、海外へは持っていけないものであることは理解しておきましょう。

使い捨てカイロは機内での冷え対策にも役立ちますが、長時間同じ場所に着けることは低温火傷につながることもありますので、時々貼る場所を変えるなどの対策はしておきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする