中学生がコンタクトレンズをバレーボールで装着するならコンタクトはどこがいい?

バレーボールをするときに眼鏡をかけていると体の動きや頭の動きによってズレたり外れたりすることがあります。

本番の試合などで大事な時に眼鏡がズレてしまったり、外れてしまったりしては見えにくくなってしまったりするので、コンタクトレンズにしたいという中学生がたくさんいます。

メガネを装着していると動きだけでなく汗でズレてしまうこともありますし、ボールがレンズに当たったり、転倒の衝撃によって競技中に破損してしまった経験がある人も多いと思います。

コンタクトレンズは日常生活よりも動くことが多く、汗をかいたり、ボールがぶつかったりすることもあるスポーツをするときには眼鏡よりも向いていると言われています。

眼鏡よりも視界がクリアでフレームが無い分きれいに見える視野が広く、フレームやレンズの破損によって怪我をするリスクもありません。

目の中でレンズが割れてしまうのではという心配がある人もいると思いますが、柔らかくて割れる不安が少ないソフトレンズを使用することで解消でき、眼鏡よりもいっそうスポーツに集中することができるというメリットがあります。

眼鏡をつけたまま走るだけでも気になるものなので、動きが激しくボールや相手を常に見ることが必要なバレーボールをするときには、顔にボールが当たったり、転倒したりしても目の中でレンズが破損する心配がない『ソフトレンズ』が適しています。

スポンサー リンク

ソフトレンズは柔らかい素材なので割れにくく、ハードレンズと比べてサイズが大きいため外れにくいことがソフトレンズがおすすめの理由です。

バレーボールをしていると普通のスポーツよりも動きが激しいので、レンズが傷んだり、ほこりや汗がレンズに付着して汚れたりすることが多いため、ワンデータイプの使い捨てを選ぶことをおすすめします。

ワンデータイプは面倒なケアが必要なくレンズに汚れが蓄積することもないのでバレーボールに集中することができます。

普段の学校や家での勉強の時は眼鏡を使用して、練習や試合の時にワンデータイプのソフトレンズを装着するという方法もあります。

アスリートの中にも普段は眼鏡を使用して、練習や試合の時にはコンタクトレンズを使用するという人はとても多く、試合中に眼鏡をかけている人はほとんどいません。

バレーボールを始め、バスケットボールやラグビー、サッカーなどの動きが激しく、人やボールとぶつかることや転倒することがある部活をしているなら、スポーツ時におすすめなワンデータイプのソフトコンタクトレンズがあるので、このようなスポーツ用のタイプを選ぶことをおすすめします。

アイミーのスポーツビューワンデーは、紫外線をカットしたり、動体視力や距離感覚などをサポートしてくれるコンタクトレンズです。

 

バレーボールの時以外で一般的なソフトレンズを選ぶ時には、目の負担を軽くすることが期待できる、酸素透過率が高く潤いがあるタイプを選ぶことをおすすめします。

アイミー社以外にもスポーツ時の装着に向いているというコンタクトレンズがいろいろと販売されています。

柔らかく視野が広いソフトレンズの中から中学生がバレーボールをするときにおすすめのワンデータイプを選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする