面接の自己PR欄を作成できるツール!高卒でも合格できる履歴書作成方法

面接の自己PR欄を仕上げるのに便利なツールを紹介!高卒でも簡単に使えます

面接での自己PR欄というものは応募先となる企業に、自分の強みや得意分野を売り込むためのツールとも言えます。

自分を採用してもらうことで、企業において将来的にどのようなプラスの活躍をしてもらえるかということを、面接担当者にその場で上手くイメージしてもらえるようにすることが、その場で採用したいと思ってもらえるかのポイントとなります。

自分がたとえ高卒の学歴だとしても変に恐れるようなことはありません。現在の日本では学歴も大事ですが、その人の人柄や、やる気なども面接官はしっかりと診ているからです。たとえば今の日本社会においても大成功している企業家などは学歴が中卒や高卒だったということも事例としてたくさんあるからです。

例えば日本でも有名な企業家さんですとGMOインターネットグループの熊谷正寿(くまがいまさとし)会長などは中卒です。それにも拘わらず東京都渋谷区のセルリアンタワーにて東証一部上場企業を経営したくさんの部下をかかえるまでになっています。また今世間を賑わかしているZOZOTOWNの創業者でもある前澤友作(まえざわゆうさく)社長も高卒です。

インターネットが発達した現代においては履歴書や面接の自己PR欄なども手書きでなく、パソコンなどを使って仕上げていく機会も多くなってきています。それに伴って面接の自己PR欄をクリックだけで穴埋め式で仕上げていきながら完成度を高めていける便利なツールなども無料で使えていけたりもしているのです。

面接の自己PR欄を穴埋め式だけで完成させていける10万人が利用している就活対策ツールのひとつとして「自己PRジェネレータ」というものがあります。自己PRというものが作れないし、作ったことがない、いまいちどんなものなのか分からないという人にも最初の入門編として初心者にもオススメなツールとなっています。

限られた時間のなかで面接に合格するためには自己PR欄の完成度を高めていくことが大事になります

一般的には企業側としては、応募者がどのような人物か応募書類で初めて知ります。

書類選考を通過しても、面接に使える時間は30分くらいです。

採用者側は限られた時間の中で、採用か不採用かを判断することになります。

応募者が多数いる中において、自分が採用企業に如何なるメリットがあるか訴える必要があります。入社後の貢献度をはじめ、仕事に対する意欲を少ない時間の中で最大限にアピールしていかなければならないわけです。

採用担当者の判断を、自分に有利に後押しするのが履歴書における「自己PR欄」となります。自己PR欄の書き方に決まったフォーマットはないので、職務経歴書の最後の方にA4用紙の3分の1から半分くらいのスペースを使って記入するのが基本です。

単に出来ることを羅列するのではなく、根拠をしっかり記述するのが面接で採用してもらえるポイントになります。自己PRとして何を書けば分からない場合は、これまでの職歴を振り返ってスキルや経験を箇条書きにしてみると効果的です。

さきほど紹介した「自己PRジェネレーター」などを活用して事前に自己PR欄の書き方を練習していき、本番までに納得する完成度の高いものを仕上げていくのが合格のカギとなります。

スポンサー リンク

高卒でもきっと合格できる!自己PR欄の参考になる例文とは

面接の自己PR欄の攻略法としては例文のほかにそれに対する回答などがセットで付いているものを活用していくとトレーニングにもなって効果的だと思います。

例えば転職サイトで有名なDUDA(デューダ)などであれば34の面接の質問に対してそれぞれの回答例文付きで簡易的なシミュレーションができるようなものを用意しています。こういったものを最大限に活用していくことで本番の面接においても緊張せずに最大限のポテンシャルを発揮することができるようにもなるでしょう。

https://doda.jp/guide/mensetsu/interview/

ポイントとしてはこのような自己PRの例文を参考にしつつ、目で見なくても頭の中で暗記してスラスラと言えるようになるくらい訓練することが大切になります。自分の言葉に置き換えてハッキリと大きな声で自信を持って言えるようになるまで練習することがポイントになります。

自己PR欄を記入する上では、自分の得意な仕事や成果を挙げることが肝心です。過去において上司や回りから評価されたことも、併せて記入しておくと採用担当者へのアピールポイントとなります。たとえ自分が中卒や高卒だとしても絶対に何かアピールできるポイントがある筈です。自分という人間に自信を持ってまずは書き起こしてみるという作業をしてみましょう。

自己PR欄においては再現性のある内容の方が、採用側に伝わりやすいと言われています。たとえ派手な成果がなかったとしても、過去の業績を振り返ってみるということは自分自身の役に立つことでしょう。

アピールポイントは一つに絞る必要はありませんが、本番の面接では時間も限られてきますから3〜4つほどに絞ると良いと言えます。その中から採用担当者に、興味を抱かせるものがあるものを自分の中でいくつか順位を付けてピックアップしておきましょう。

職務経歴書に自己PR欄を乗せない応募者もいますが、しっかりと自己PRを記述したほうが面接の合格率においても高いというような統計が出ています。面接という限られた時間のなかで自分という人間をアピールする機会は生きている中で思うほど多くないからです。

職務経歴書においてアピールポイントが無ければ、採用担当者も応募者の人柄というものがいまいち分かりませんし採用していいものかどうか決断することもためらってしまいます。

大切なのは採用側とのコミュニケーションなので、面接の時間の中での話題作りのためにも自己PR欄は必要だと言えます。面接の応対は合格を決めるカギとなることもあり、限られた時間を有効に使うことが重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする