研修中でもできるアルバイトの円滑な辞め方3選!私はこうして辞めました

研修中だとアルバイト辞めることができない?と一人で悩んでいる少年、少女も多いようです(汗)しかしながら、むしろ全然辞めることは出来ますし、早く辞めないことによって相手にもどんどんと迷惑をかけていってしまうことにも繋がっていくのです。ここではその理由についてや研修中だとしてもスムーズにアルバイトを辞める3つの方法などについて紹介していきます。

研修中だとバイトは辞められない?円滑に辞めるための方法を3つ紹介

日本ではさまざまな年代の男女が毎日アルバイトにはげんでいます。

アルバイトの最初の数ヶ月は研修中となる場合が多く、仕事を覚えるまでの猶予期間としてとらえられています。

時給のほうも最初は見習い期間として研修時給であることが多いことでしょう。研修中でも一生懸命仕事を教えてくれる先輩に対しては申し訳ないと負い目を感じてしまったり、ストレスを感じながら毎日アルバイトの現場へと向かっている若者も多いのではないでしょうか?

いざ自分に合わないと感じるようになっても申し訳ないという気持ちからかなかなか辞めづらいと悩んでいる人も多くいらっしゃるようです(汗)

しかしながら、そのような時に円滑に辞めるオススメの方法が3つあるので順を追って簡単に説明していきたいと思います。

1、家庭の事情をアルバイトを辞める口実にしよう

まずはオススメの方法として「家庭の事情」を研修中のアルバイトの退職理由にしてみましょう。

自分の努力ではどうしようもない家族(お父さんやお母さん、彼女さんなど)の反対や環境の変化(家族ぐるみの引っ越しなどの理由)があり、どうしても辞めざるを得ないことを頭を使って丁寧に説明すれば、比較的スムーズにアルバイトを退職することが可能になることでしょう。

2、自らの体調不良をアルバイトを辞める口実にしうる

アルバイトを円滑に辞めるオススメの理由の2つ目としましては、今のアルバイトがどうも自分には合わないみたいでそのせいで体調を崩してしまっているというようなことを理由にあげるという方法もあります。

自らの体調不良を訴えることによって、働くのが難しいことなどを店長などにしっかりと説明して納得させることができれば、たとえ研修中だとしてもキレイさっぱりとアルバイトを辞めることができるようになることでしょう。

3、社会人であれば勤め先の会社の就業規則によってアルバイトが続けられないということを説明しよう

さらに3つ目の理由としましては、もしもあなたが社会人として週末などにダブルワークとしてアルバイトをしていたとしましょう。そのようなケースにおいては本業のほうの会社の就業規則で副業ができないということが判明したというような話をすれば、採用担当者は無理に続けさせることは困難になることでしょう。

このようにしっかりとした理由を話すことによって相手側を納得させることができれば、研修中であってもアルバイトを揉めることなく辞めることはぜんぜん可能になっているのです。

辞めたい理由をしっかりと話して雇用主側に納得してもらうことはもちろんですが、丁寧に真摯な態度で説明して、心から誠心誠意あやまることも何よりも大切なことになります。

スポンサー リンク

研修中でもアルバイトは辞めたければ辞めたいと言って大丈夫!その理由とは

アルバイトを始めて間もない研修中にどうしても辞めたくなった場合には、2週間前に退職希望を伝えることで我慢しないでスムーズに辞めることができます。

その理由としては、「期間の定めがないバイトは辞める2週間前に雇用主に伝えること」という法律で決められたルールを守れば日本では特に問題はないと言えるからです。

働き始めたばかりなのに申し訳ないと考える人は多くいますが、企業側にとってはできるだけ早く話してもらった方が次のアルバイトを採用しやすいというメリットがあるのです。

そのため、どうしても辞めたいと感じてしまったらできるだけ早く直属の上司に話すことのほうが相手側のことを考えても大切なことといえます。

ウジウジと一人で悩んでいやいやとアルバイトを続けていたとしても必ず相手にもその空気感は伝わってしまいますし、何より仕事の生産性も上がらず最終的にはよりいっそう相手に迷惑をかけてしまうことにもつながるのです!

やむを得ない家庭の事情や体調不良などの理由を誠実に話すことによって、相手側に理解してもらえるよう十分に配慮して進めることによってアルバイトというものは全然後腐れなく辞めることができるのです。むしろその事実については自信を持っていいとも言えます。

そして、研修途中でアルバイトを終えるにしてもこれまで働いた分の給料はちゃんと受け取ることができますので安心だともいえます。これはしっかりと法律によって定められている規則となっているのです。

このように、研修中だとしてもアルバイトはぜんぜん辞められますし、辞めたくなったとしたならば誠意を持って相手側にこちら側の事情を伝えることが最終的には重要なこととなります。辞めたくなってしまったならば、いつまでに辞めるかしっかりと計画をして少しでも早く実行に移すようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする