女子バレーボールのネットの高さをはかれる一覧表をお探しならコチラ!

女子バレーボールネットの高さですが、一般女子の種目の全日本女子の場合になりますと224cm(2メートル24cm)になります。こちらは主に6人制バレーボールのケースです。ちなみに同じ6人制の女子バレーボールでも小学生女子は200センチ、中学生女子は215センチ、高校生女子は220センチ、そして一般女子は224センチと年齢が高くなるに連れてネットの高さも高くなっていきます。

女子バレーボールのネットの高さですが一覧でPDEで見れるファイルをインターネット上で発見しましたのでよかったらご紹介いたします。これを見れば日本でのママさんバレーの主流である9人バレーから男子の9人制バレーの高さの一覧表まで調べることができてしまいます。

良かったら印刷して持ち歩いておくといつでもバレーボールのネットの高さが一目瞭然ですし便利だと思います。

⇨ バレーボールネットの高さ一覧表

バレーボールのネットの高さを測ることができる器具をスケールと言います

もしも女子バレーボール選手を目指していて女子バレーボールのネットの高さの224センチの実際の高さが気になるのであれば楽天市場(らくてんいちば)などでネットの高さをはかることができるスケールなども販売しています。

ネットの高さを測ることができる器具のことを一般的には『スケール』と呼びます。

楽天で販売しているスケールはアシックスのものになりますが購入してみて自分が今現在練習しているネットの高さなどを自宅などで測定してみてもいいのではないかと思います。

ただしネットの高さが図れるスケールは13000円くらいします。ですのでお小遣いに余裕があれば実際に買ってみて試してみるといいでしょう。

このスケールですが女子バレーボールだけでなく、テニスやバスケットボールのネットの高さをはかるのにも使うことが出来るように作られています。

スポンサー リンク

ネットの高さくらい高身長な女性バレーボール選手は長生きしずらい?

ここでちょっとした豆知識になりますが、世界には身長が2メートル18cmのポーランド人の元女子バスケットボール選手がいらっしゃったようです(汗)お名前はマウゴジャータ・ディデックさんという金髪の女性でした。

彼女は37歳という若さでお亡くなりになってしまったようです。

どうやら世界的に見るとなんと背の高すぎる女性(2メートル以上~~)は統計的に若くして亡くなってしまう確率が高いと言う実験データが出ているらしいです。

アメリカの研究結果によると女性は身長が10cm高くなるごとにガンの発症率が13パーセントずつアップするというような統計結果も出ているようです。

ですので女子バレーボール選手といえでもあまり身長が高すぎる女性は要注意であまり長生きできない可能性もあるのかも知れません。

まとめ

バレーボールのネットの高さですがどうやさ『国際バレーボール連盟』という団体が標準となる高さを決めているようです。

国際バレーボール連盟はスイスの国に設立されていて通称でFIVBと呼ばれているそうです!

このFIBVはどうやらビーチバレーのほうも統括して管理しているそうです。 ちなみに日本バレーボール協会の略称はJVAだそうです。

国際バレーボール連盟ですが、非常に厳しいことでも有名で過去にあったエピソードとしては1997年に日本女子がハーフパンツを履いて試合にのぞんだところ、「バレーには独自のブルマ―がある」とクレームをよせられたのだとか!!

独自のブルマ―って何だよ?って感じですがそんな感じで日本の女子バレーボール協会も国際バレーボール連盟にはさからえないようになっているみたいですね。

いつか国際バレーボール連盟が女子バレーボールのネットの高さを変更するときは来るのでしょうか?

とにもかくにも一般的にはバレーボールの女子の一般の高さは224cmだと言うことを覚えておくとよいかと思います(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする